まち歩き

旅行・地域

2007年5月 4日 (金)

ある晴れた日に

晴れて気持ちがいいのでお弁当をつくって自転車漕いで近くの公園にいき、家族でバドミントンしたりキャッチボールしたり。という地味な連休生活を繰り返しとります。
今日はちと遠くの公園に行って、なにをするかといえばやっぱりキャッチボールとかキャッチボールとかキャッチボールとか。それだけではおもしろくないのでバットを持ち出して、外野+バッター+ピッチャーっていうさんにん野球がはじまる。見るにみかねてわたしもキャッチャーとして参加。自慢じゃないが子供時代いらい始めて。ついでにバットも持たしてもらい感動のヒット。外野でも走る走る。薔薇の世話以外なにもせずグータラしているわたしの姿しか知らない子供たち、白球を追うわたしに純粋に感動してたみたい。

公園にはまだ山桜が残っていて、枝が不自然にゆれては花を降らしている木があったので子どもでも登っているのかと見ていたら、アメフトのボールがひっかかっていたのだった。よく晴れた連休の午後、ボールを追ったり蹴ったり、いろんなひとたちが思いおもいに楽しんでいた。

公園で遊んでて旦那、とつぜん「せんねんあとにはここ、みんな遺跡になっちゃうのかなあ」、などと。
どしたん。なにゆえ突然諸行無常なんぞにめざめて、と聞くと。
千年まえの歴史ひとつ不明瞭なことがあるのに、千年後はどうだろ。今の歴史なんかちゃんと残ってるかな、などと。
さー。みんな電子機器にバックアップしてたりしてることだしさー。
千年後のソフトが使えんかったらもーダメじゃん。
案外そういう意味で人間の文化活動のしるしなんか、これっぽちも残ってなかったりしてね。
などと暮れがたい春の夕空を仰ぎつつ思ったりした次第。

・・帰りに「五百羅漢」があるというお寺があると知り、訪れてみる。時間がおそく閉門していたので塀から覗く。うっそうと暗い境内にてんでに並んでいる五百もの羅漢さんたちにまずはびつくり。これなに? と三男、心底おびえたように言うので「モアイ像」と言ってやる。
いつごろから。だいたいなんのために並んでるの。 と重ねて聞くので、
「さあ。モアイのことはモアイに聞けよ」とw

ともあれ何百年も未来。
コンピューターの文化は滅んでも、うっそうとした森のなかのこの羅漢さんたちは相変わらず謎のような表情をたたえたまま、ぼんやりとここに立っているんだろうな、と思ったりした次第。そんな春の夕暮れだった。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

カルガモ、他

気力体力、ともに欠如気味のわたしでもふんばって作業しなければならないことはあり・・

それは薔薇の新苗の植え付け。一気に植えてその数約10。ひー。
昨日は三男のお誕生日だったから。
そのお祝いに買って来た「シャルル・ドゴール」を植えた。
薔薇の名前はそりゃ女性にちなんだもののほうが多いのはあたりまえだけれど・・
たまには殿方にささげられた薔薇ってのもあり、シャルル・ドゴールは青系の薔薇のはしりという意味でも代表格のひとつというわけ。

薔薇を植え終わってから図書館に行く。
川沿いの道を自転車を漕いでいてなんと、カルガモ親子はっけん。

おかあさん鴨のうしろをふわふわのちっちゃいのが4羽。毛糸だまみたいなのがかたまっていっしょに泳いだり、遊んだり。
しばし見ほれてしまった。

そうしてると川向こうにおばあさんがあらわれ、パンくずなんぞを撒きだした・・
川をはさんでむこうとこちら、見知らぬもの同士でカルガモのかわいらしさに声をあげたり語り合ったり。

そのあと図書館へ。
むかしの雑誌から歌稿をコピー。
若く、気負っていたころのこと。作業しながらいろんなことを思い出したりした。それは楽しいことばかりではなかったが、それでもやってこれたのは短歌があったからだろうな、と

誰そ我に
ピストルにても撃てよかし
伊藤のごとく死にて見せなむ
石川啄木
 『一握の砂』

某所でこの歌のことを知る。この「伊藤」は伊藤博文。
「父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。父は浮かばれないと思います。残念です。父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは思いませんでした」
とその娘さんが声を詰まらせたという、このたびの長崎市長選挙の結果だが・・
伊藤前市長襲撃と関係はないけれど、この啄木の歌って何なんだろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

募金・メイドさんを見たこと (駄

次男がボランティアで駅前に立って募金活動をするという。
「ぜったいに来るなよ」
と夫に言い置いて出かけた、というのでこりゃ絶対に見に行かなくっちゃ、とw

だいたいの時間を見計らって夫と車でスタンバイ。約1時間のちw

まず夫が出撃。ずらっと並んでいる高校生たちに近づくやはしから順にお金を入れてってる。
それはいいんだけど最初っから小銭握ってまっすぐ近づいて、あやしすぎ。
てか、お地蔵さんのお賽銭じゃないんだからw

その次はわたし。用意してた小銭があまったからって、モいっかい順繰りにお金をいれてまわってる。
ってか十分にあやしすぎ。

おたがいにアホぶりを笑いつつ、どっかでお昼を食べよ、ってラーメン屋さんに出撃。

ずっと以前に一回行ったラーメン屋さんなんだけど、そのときは美味しいとは思わなかった。
だからイヤだったんだけど・・
数年ぶりに行ってびつくり。なんとお隣さんはメイド喫茶になってた!!

見ていると次からつぎにお客さんが入ってて、たいした盛況。

そこでなんと、帰っていくお客さんを見送ってでてきたメイドさんを目撃。

きゃーメイドさんだあああっっ!

はじめてよ、わたし、はじめて見たわ本物のメイドさんっっ!!

黒いドレスに白いエプロンのかわいいメイドさんに目はくぎづけ。

でも違う。
メガネ、メガネをかけてないいっっ!!(殴

それにすっきりした美人で、ドジっこタイプじゃないわっっ!

なんてこと。あんな気のきいた美人タイプ、ほんもののメイドさんじゃないわ。やっぱり田舎ね、ここ。

などと思ったことでありました。


メイド協会発足。メイド検定も  ここ


| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

小鳥の巣

なにか台風でも来ているのかと思えるようなはげしい風にあおられつつ、昨日宅急便でとどいたばかりの薔薇の苗を植えに植え、それから車で以前住んでいた村へ。
風に時折ハンドルをとられそうになりながらも、風に乗って新緑の山々を越え、快適なドライブ。
桜はほとんど散ってしまっているが品種によってはまだ咲いているのもあるだろうと思っていたら、案の定役場の駐車場で見事に咲き誇っている真っ白な桜を見つけてしまい、しばし見ほれる。

飼っている小鳥に野菜や小松菜などをやっていたが、そこらにはえてる雑草を抜いたついでに食べさせてみたら結構食いつきがよくて、とくに花のつぼみがお気に入りらしい。花喰い鳥というのが古来から文様に使われているようだが、本当なんだなあ、と納得。

小鳥といえば近くの小学校のグランドに4階までとどくかというような巨大な樹がうわっていて、その天辺に小鳥が巣をつくっている。冬のあいだは見捨てられた王様の冠のようにさびしく見えたが、新緑の頃、その巣にちょん、と鳥の頭がのぞいているのが見えた。
そこを通るたびにずっと見て観察しているのだが、わたし以外にもきっと、朝に夕なに楽しみにこの巣を見ている小学生がいるんだろうな、と思うとなにやらおかしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

花酔い

三男の高熱も一日でおさまり、とはいえ心配だから「窓から落ちるなよ」と言い置いて(笑)
用件を片付けるため以前住んでいた村にドライブ。
桜まっさかりの頃で、どこもかしこも花盛り。春の女神・佐保姫の諸国めぐりには、土をふむことなく花から花へ渡っていけそう。おなじように次から次へと目に映る花に見惚れながら車で走る。

佐保姫の春立ちながら尿(しと)をして 『犬筑波』

春は花の頃、狐の嫁入りなんかに出会ったときふと思い出すのがこの句。
何故好きなのかは不明ながら、なぜかなんとなく好きな句。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

春の東京(駄

エイプリルフールはおわったけれど・・googleの地図で目撃、大陥没・大地震の爪あと・ゴジラ・ブロントザウルス・大火災現場・エイリアンの幼虫・・こちらで都市の名前を所定の欄にいれたらそんな合成写真ができるとか。ちなみに神戸・京都・大阪は漢字でもOK。姫路は英語でもアウト。冗談でフランス語で「ベルサイユ」ってしてみたがこれもアウト。選定の基準はなんだろう。
医学都市伝説さんのこちらで発見。
今日、旦那は東京に出張。だから「東京」で試す気にはなれない(愛)

災害や地球環境の悪化が真剣に論議される昨今、こんな写真をエイプリルフールに使って笑う神経はわたしにはわからないながら、映像的には草色の恐竜とキモ虫君が好み。
というのも先日怪我をして奇跡的に生き延びたペットのカワラヒワ「ちぴこ」になにか栄養をと思い、ベランダの薔薇に集まる虫たちをつかまえては食べさせている。以前なら芋虫など見つけた瞬間に卒倒して即殺虫剤撒きをしたもんだが、ちぴこのためなら何でもできるとばかり、素手でアブラムシだって青虫だって尺取虫だって平気で採れるようになった。素手というのはそれだけデリケートに扱えるので新鮮さが保てるというわけなんだが、これってなんだろう。隠れキリシタンが絵踏みをするとき、案外苦痛ばかりじゃなくって快感もあったんじゃないかな、って思ったりすることがあるんだけど、愛する存在のためだったらどんな罪だっておぞましいことだってやっちゃうわワタシって感じで、だからキモ虫君の画像につい興奮して「ちぴこに食べさせたい」と激しく思ってしまうのだ。

旦那から昼前に電話。明治神宮で残の桜を見ているらしい。屋台は出てないらしい。お昼はNHKあたりから電話。今は道玄坂にいるって電話。
・・。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

時実新子

川柳作家の時実新子が亡くなった。
「有夫恋(ゆうふれん)」  ・・おっとあるおんなのこい、が評判になり、広告などに大きく引用されている句の数々を目にしたとき、わたしはまだ若く、それでいてもうちいさな子供たちの母であったろうか。
エッセー集「花の結び目」を古本屋で買い、むさぼり読んだ。うらみをひめた深い情念に、活字自体が妖しい光をはなって燃えるような奔放な句にくらべ、エッセーにえがかれた作者の若いころの素直で素朴で、働き者で一生懸命なお母さん、といった感じだったのに共感をもった。もちろんそれは一時的なもので、あっという間に華麗というよりむしろついていけない・・^^;波乱万丈/壮絶一代記という感じにかわっていくわけだが、家庭内の葛藤から川柳の世界の内幕のような話にいたるまで、すべてが激しく、刺激的で、読んでいて目がくらむような思いがしたものだった。
当時わたしは姫路市に住んでおり、それは新子が若かりしころに住んだ街だったというのも、夢中になったひとつだった。
わたしは図書館で新子の古い、姫路時代の本をあさり、奥付に書かれた住所をさがしだした。姫路の町を彼女が書いた街角に立ち、彼女の乗ったバス、今宿循環線に乗った。・・彼女がいたという鍵町XX、という地番までたずねたが、もちろんそのころですらすでにその住居は整理されて、もう存在しないことをわたしは知っていた・・

わたしは川柳ではなく短歌をはじめ、
最初のころに入った地元の短歌の結社の偉いさんにふと
「時実新子の川柳が好きです」
ともらしたところ、すごい顔をされて、
わたし、あのひと、嫌いです。
と瞬殺の勢いできびしい声で言い返されて驚いた。
作者と作品は別。やれやれ・・とは思ったが、まだ若く新参者のわたしにそんなことが言えるはずもなく、
というより姫路における新子の立場、人となりというものが、スキャンダルとして悪意をもって噂されたと新子自身が書いていることの裏づけというか、そういうものを実感としてはっきり、感じた。
それでも自分の作品を信じ、自分の生き方を貫いた新子の強さを見習おう・・いつかささえになることが私にも見舞うことがあるかもしれない、とそのとき思ったり、した。

新子ははじめ短歌から文学にはいり、師匠にあたる先生に破門されたことを理由に川柳をはじめたといういきさつがあったらしいが・・
田舎の師匠の破門ごときにくじけず、自分を信じて短歌をつづけていれば。
どうなっていただろう、と思う。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ルミナリエ

吹奏楽部に入ってる次男・三男の演奏会のために夫と神戸に。
中華街を歩いていると雨が降ってくる。
いつもいくお店で豚まんを食べ、ぶらぶらとセンター街へ。
昔よくいった古本屋はあるだろうか・・と思ってたらちゃんとあったので安心する。
お店の雰囲気もむかしそのままでうれしくなる。

このたびの演奏会はコーラスもあって、変声期前の三男も並んで歌っていた。
なにを歌ってるのかトンとわからなかったが、あとで聞くとラテン語だったという。

帰り道、もう暗くなっていたので、はなしのネタにと思い回り道をしてルミナリエを見に行く。
出走前のホノルルマラソンのように?、人であふれかえったありさまにまずは怖気づく。
どこもかしこも人でいっぱいのクリスマス前の神戸。
冷たい雨模様にルミナリエの光がにじんで綺麗だった。

毎年いまごろに演奏会があって、そのたびに夫と神戸にでてきて。
ふたりで美術館にいったり旧居留地のカフェでお茶を飲んだり。
今年はルミナリエを見ることができた。
いろいろあったこの一年だけれど。
来年も元気で神戸に来れたらいいな、と思う。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月28日 (日)

罪作り~?

朝帰りでご機嫌さんな夫を駅まで迎えに行き、なんだかハラがたったので^^;、夜明けのコーヒーでもごいっしょに、といってみたところ、もうお昼前だお、と^^;
といってると、偶然ホテルに!、偶然モーニングサービスが! ということで色気ナシ夫婦ふたりでお茶を、ということに。

するとお隣の席が・・どうやらお見合いの真っ最中。わお。
・・うまくいくかな、あのふたり、と小声でひそひそしつつ。
「あの女の子よかおまえの方が美人だよ」
「あ~らあなたこそ、あのお兄さんよかずっとハンサムよん」
あはははは。おほほほほ。
なんてね。
「んー。それよかわたしたちこそ、どんな関係に見られてるかな」、と。
「結婚したらこうなる、ってぶっつぶし要素とか。内心、仲人が怒ってるとか」
「とゆっかー。人目をしのぶ不倫カップルとかに見られてるとしたら、微妙にうれしゅいな」
・・会話、かみあわず(笑

お若い方はお若い方どうしで・・ということになり、なんだかこっちもほっとする(意味不明
「絹子の肌は罪作り~♪」
のCMじゃないけど・・「いけません・・!」って展開にでもなったらどうしようかと・・(殴
CMはここから

なんてアホなこと思ってたら、またお隣にまたお見合いカップルが。
なぜ? なぜなの?? 

+

三男が「うなぎ釣りでうなぎゲットした♪」とご機嫌でご帰宅。
昨夜は昨年同様 ここ 小学校時代の友人+旧塾友 たちと祭りに行ってたそうだ。
ぎょえ。うなぎ? 生きてるの? と袋をみると、あららおいしそうな蒲焼が。
って、このごろはまさか蒲焼が生きて泳いでるの?、と思わず聞きそうになり (殴
「生きてるうなぎを捕まえたら~、これと交換してくれたねん」
だそーで。あたりまえだけど・・(だから・・

石麻呂に我れ物申す夏痩せによしといふものぞ鰻捕り食せ 大伴家持 万葉集16・3853:

痩す痩すも生けらばあらむをはたやはた鰻を捕ると川に流るな 大伴家持 万葉集16・3854:

・・河童の川流れ、って言葉は歩けど、・・あはは。あるけど、ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

エレベーター

夕方、お買い物の袋で肩が抜けそうな思いをしながら、エレベーターを待っていた・・

どこかの階の家族連れが乗っていて、お父さんとお母さんがさっさと降りた。

乗り込もうとしたら、エレベーターの箱のすみっこに小学校5年生くらいの、黄色いパーカーを着た目のおおきな女の子が残っていて・・

それがなぜか正座してて。
お経を唱えていた。

・・はんにゃーはーらーみーたー♪

+

びっくりして固まっていると・・
女の子、ものすごくびっくりした顔をして・・

うわ===
って感じで跳ね起きて、飛び出してった・・

+

・・なんなの、あれ?

ところがお父さんもお母さんも知らんふり。
まったく知らん、他人のふり(笑

と思ったんだけれど・・むむむ。
わたしが見たのは本当に、本当の女の子?
あれは本当に家族だったの?
それともなにか、女の子だけ別のモノ? (笑

+

・・たとえば幽霊。小鬼のたぐい。
花の時期だから妖精さんか。 
いやいや年齢制限ぎりぎりの、エレベーターに住む座敷わらしか (笑

幽霊じゃないだろうな。だって、お経をとなえてたから・・
って納得してたが、ふと思い出したこと。
雨の夜、「諸行無常」を唱えて町を歩いていた鬼のはなし。

風雨の夜、一条の桟敷屋に男が傾城と臥していると、軒と等しい高さの馬頭の鬼が「諸行無常」と詠じて通った。これが百鬼夜行というものであろうかと男は恐れ、一条の桟敷屋には二度と泊まらなかった。 『宇治拾遺物語』巻12-24  

結局なにがなんだかわからないまま。
女の子はとってもかわいらしかったが・・
ヘンテコなたそがれは逢魔の刻のエレベーター。

自動エレベーターのボタン押す手がふと迷ふ真実ゆきたき階などあらず 富小路 禎子

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧