テレビ番組

映画・テレビ

2011年2月14日 (月)

猫が演じる「沈まぬ太陽」

ひさしぶりにテレビ観ながらまったりと

で、4時間マラソン「沈まぬ太陽」観ちゃいました

なにが見どころって、あの三浦友和のありとあらゆるパターンの裏切りを見せてくれた感のある悪人ぷりがもはや一人勝ち状態で

非合理極まりない会社の懲罰人事に必死に耐える渡辺謙 (青臭い主張でくらった左遷先で自分の人生再発見したアフリカ生活、すっごく楽しそうだったぞ )を完全に喰ってました

+ 観てない人のための、ためにならないあらすじ +

待遇改善をうったえる組合のひとたち ↓
3b7b3b0es

迎え撃つ経営陣 ↓
Be522b97s

組合の「理想」に幻滅し、悪に覚醒する三浦友和 ↓
2285670a

あっちこっち左遷させられて、でも行く先ざきで人生エンジョイしてる感ある渡辺謙↓
71bbf744

渡辺と違い帰国できるあてもなく、荒れる現地社員たち ↓
35010340

アフリカでの射撃シーン ↓
Dcd4da1e

たとえば部屋に剥製飾りまくる渡辺のセンスってどうよ ↓
97c501cc

詫び状を書け。そしたら内地に帰してやるって経営陣の意向だ、と渡辺に迫る三浦 ↓
D0208891

三浦は経営陣側として出世街道を驀進する ↓
7d2cb264

一方組合で活動した面々は常にスパイに見張られるなど、不遇の扱いを↓
031b33c1

組合の分断をはかる三浦 ↓
38db166bs

ミエミエの監視をするスパイたち ↓
1879c2f7

恐怖の日勤教育をうけ徐々に人格崩壊していく香川照之 ↓
427b26c3

優待券をうりさばく香川 ↓
3de30987

それを手帳に書き記す香川 ↓
9219fb55

いつの間にか日本に帰ってきてた渡辺(カエル) ↓
2d9a89d6

時の総理の肝入りでやってきた会長中心に会社は新生をめざすが ↓
Vip802093s

課題は大変な重荷であった ↓
4749d566

まさに薄氷を踏む思い ↓
491119des

香川の調達した資金を湯水のごとく使い、
接待裏金献金なんでもござれ
これも会社への愛なのか、三浦? ↓
Vlphp198864s

登場人物全員刑事モノとかの主役はってるひとたちばかりなのに、
誰にも気づかれずひとりむなしく東尋坊(CG)で身を投げる香川 ↓
Daijineko

ラスト 渡辺を救ってくれた会長の辞任 ↓
9c1b04c2

刺し違える塩梅で出された会長の決死の動議に賛成、
突然「旧経営陣」を裏切る三浦 ↓
Ac160a80

会長室を出た瞬間、階段で渡辺に転勤(またもアフリカ)を言い渡す三浦 ↓
O0349025710930005060

家族と別れ、従容としてアフリカ行きを受け入れる渡辺 ↓
5057e7dbs

一方三浦はある日、香川の死亡によって明るみにされた「メモ」の件で
東京地検の方々に取り囲まれる

最後に会社を振り返る三浦 ↓
77ys

おわり↓
 (登場人物およびあらすじはかなり事実と違ってます☆)
20070905_235324

で、ドロドロの社内抗争と日航ジャンボ機の事故の必然性がどうもよくわからない・・(主題なのに)

いっぽう、署名に花押を筆で書いたり、料亭やら高級クラブ、クルーザーや芸者の接待って、古き良き日本文化の世界は堪能できました (そこかよ


それはさておき、

三浦の「仰天」役に渡辺の「恩地」役。

オンチに仰天

・・いまさらながら原作者のネーミングセンスって・・(ノーコメント☆

B306a99fs

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

ゲゲゲの女房がおわる・・涙

連続朝ドラにはまるなんてひさしぶり。
フルタイムからパートさんに格下げされた幸せをかみしめてしまう。

見どころはイロイロあるけど時代劇につきものの「考証」、昭和の考証ってのかな、小道具や大道具関係が無駄にすごくて見逃せない。
たとえばほんのコンマ何秒しか画面に映ってない、新聞のテレビ欄ひとつとってもないがしろにしてない。

Dat1284763403298

放送局のネーミングも事実にもとづいたフィクション、パラレルワールド全開だけど、
ぱっと見ただけでも「オバケのK太郎」「ハイスクール奇人組」「オレはひょうきん者」・・

そーか。「機動戦士Vガンダモ」は5時半だったのか。
この調子で10年余裕で戦えるっしょ。

1284777875549_convert_2010091811514

左斜め上の「日本民謡No.1決定戦決選」の(決勝トーナメント)が微妙に見てみたい。
いやそれをいうなら新番組「ポニーテールでこんにちは」 伊藤みきえ、鶴亀慎吾、岡田奈々子・・
ってすっごく濃い王道メンバーの異常なまでのさわやかドラマ。
でもこれって本当はこわい「スタジオパークでこんにちは」って意味なんかい、と。

長州他力はなんとかわかるけど・・夕方からしてたんだ。
「夕方の部屋」の(認知症)って言葉、当時はまだ認知されてなかったとおもうけど・・

「マンガ日本のはなし」の(うそつきと餅つき)、(金持ち狸の恋物語)を市原悦子、常田富士男サンの声で是非聞きたいと思う私はわがままですかそうですか。
「(金持ち狸の恋物語)ってどう見ても投げやり感のあるネーミングだよな。俺たちやりすぎw」
ってスタッフ一同のドヤ顔が透けて見えそう。
てかゲゲゲスピンオフ実写版はこれに決まりだな。>金持ち狸の恋物語
ねずみ男役はやっぱり杉浦太陽で。

そんでもって来週で終了しちゃうのよね。
三男といっしょに観るのが楽しかったのに・・
最終週予告編で涙ぐんでしまったわ。
でもって次回新番組の予告をみるたびに湧き上がる怒りをどうしよう。

B49bcb11s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

新橋色

なんとなくテレビで某『相棒season6』を観てたら主人が上京するときのお楽しみ、新橋かいわいの新橋某スタンプコイン屋さんがドドーンと画面に。なんとそこで主人公の杉下右京こと水谷豊さんやらが聞き込みを。きゃー。
もちろん店名とか出てたりしてないけど、そりゃもうおなじみさんにはすぐにわかるってことで。しっかしなにげに本当のコイン屋でロケしてるんだな、と。さすが『相棒』、気合が違うとあらためてしみじみ感心。
「応対してる店員役は俳優さんだな。うしろにいるのが本物」と夫。
おおお。『相棒』にエキストラ出演ですか。すごいすごい。おばちゃんとおじさんと従業員さんらしき方々、帳簿かコインブックかなにげなく手にしながら演技してるぞ、と。
「黙示録」っておはなしで、おおきな展開につながる重大な場面なんですけど、そんなことそっちのけで騒ぐ騒ぐ。

ってわけで[切手趣味週間]1971年鏑木清方画「築地明石町」 の切手をばw 
いえビミョーにスタンプ(切手)~新橋つながりでv

101891812_1

リビングを照らす灯りに仄浮かぶ新橋色の切子細工か 村田馨『疾風の囁き』 

ちなみに新橋色ってばこんな色。↓ 
Shinbashis

新橋とは東京の新橋のことですが、明治時代のおわりごろ新橋の芸者がこの色の着物を愛用して、それが世間にも流行したことから色名としてこう呼ばれるようになりました。緑みのある青ですが、従来の天然染料ではなく、欧米から導入された化学染料によって染められたこともあって、そのハイカラな感覚が当時の人にはとても新鮮に感じられたようです。
ここ

ほー。
「築地明石町」のひとの着物の色かな。
にしてもきれいな色だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

華麗なる対決(駄

この日曜日の風林火山と華麗なる一族対決はそのまま仲代達矢と北大路欣也の見せ場合戦というような気も。
そんでもって双方とも永遠のテーマ、父と息子の対決。でもなぜにイマドキそんなテーマが。

風林火山のパパ武田信虎が仲代達矢で、こっちはするっと追放。息子の勝ち。
華麗なる一族のパパは北大路欣也で、息子キムタクてっぺーは自殺。こっちはパパの勝ち。
オイディプス王は父を殺してママを手に入れる。つまりママをめぐる対決ってことなんだろうけど。
ママが息子に味方して信玄の勝ち。夫に従ってキムタク死亡。

どうでもいいが史実では信虎、長生きしてんのよね。信玄が死んでもどっこい元気だったそうな。
ということは追放されても父親は生き延びれるが、父に負ければ息子は死ぬしかない、ってことか。むむむ。

そんでもってどうでもいいが、ラストで実は魚型ロボットだったとゆー鯉「将軍」が死んでたのは・・かわいそうでした。キムタクに殉じたの? ロボットなのに?w

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ドラマ

『坂の上の雲』(三)の冒頭でいきなり子規が死んでしまい、ボーゼン。
子規死後、この物語はぐだぐだになる
と長男が言ってた言葉どおり、なんかイケイケどんどんな戦争物語に突入してしまい、まあいいんだけどね。

と思ってたらドラマになるって! ここ

脚本家、野沢尚さんの自殺によって制作が遅れていた司馬遼太郎さん原作のドラマ「坂の上の雲」について、NHKは18日、09年秋から放送を始めると発表した。11年秋までの予定で全13回。主人公の軍人、秋山真之を本木雅弘さん、兄・好古を阿部寛さん、正岡子規を香川照之、子規の妹・律を菅野美穂さんが演じる。

とな。
好古に関しては脳内で池田理代子『オルフェウスの窓』のユスーポフ候をふてぶてしくしたようなのに変換してたんで阿部寛さんでOK。菅野美穂が律だなんて、子規、あんまりいじめちゃダメだぞ(笑

そういえばファンサイトもあった。ああこれが小説でとりあげられてた写真だな、とかついなつかしく、なんだか見入ってしまう。ここ

こちらここには『坂の上の雲』にまつわるクイズというか検定がうけられる。
わたしもいつかうけてみたいぞ、と(自爆

+

そろそろ学級閉鎖のうわさがあるシーズンにしても・・インフルエンザではなく、ノロウイルスだって。今年はすごいな>ノロ。
うちも受験生を抱えてますので不安です。というわけではないんですが、しばらくネット落ちするとおもいますのでよろしく。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年11月11日 (土)

ぜんざい・ぜんざい

土曜の夜というと羽目をはずしがちなものだが・・
わが夫も趣味の古銭・骨董の集まりが土曜日の夜にあり、むかしは延々と帰ってこないものでハラもたったものだが、このごろはわりとはやい時間に帰ってきてくれて、それはくだんの「チャングムの誓い」を見なければならないからだという。
まさに「チャングム」さまさまといったところ。
というわけでテレビの前でわくわくドキドキ、一心不乱といった風情でスタンバイしてる夫を横目で見ながら・・
もうすぐ終了してしまいそうなチャングム。
終わってしまったらまたぞろ、夫が遊びほうけてしまう悪習に戻ってしまうのかとおもうと、妻としては永遠に続いてほしいとおもう「チャングム」である。

チャングム占い ここ

駆け足で寒くなっていくこのごろ。
「夜食にぜんざいが食べたい」と夫がいうのでつくってみた。
家族全員一心不乱にはふはふ言って食べに食べた。
冬は暗くて寒くてつらいことばかりだけれど・・
お鍋、おでん、ぜんざい・・
楽しいことだってある。
善哉(ぜんざい)、善哉、ってこと。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年9月30日 (土)

ボーゼン

・・純情きらりがおわってしまった。

最終回だからって朝6時起きしてスタンバイしてたのになんなんだ。
セカチュー、愛と死を見つめて、今会いにいきます、黄泉がえり、などなど、ヒロインが死ぬんだってさ~な、まさかまさか韓流でもそこまでせんぞなたぐいの展開になろうとは。
しかも和服姿の福士誠治ってばそーゆー悲劇にやけに似合うし。
昔でいえば「不如帰」(なんじゃそりゃ)とか、ま、そーゆーたぐいの映画そこのけのこれでもか、これでもかといわんばかりのあざとい演出に他愛もなくはまってしまってくそっ、不覚にも朝の家事ができずわんわん泣きふしてしまったではないか。

しかし昭和23年で結核で死ぬって・・
わたしの伯父は戦後すぐ結核にかかり、それがちょうど「パス」って名前の薬の出たころで、田んぼを売っては注射を一本、また売っては注射を一本、そうやって病気を治したって聞いてるぞ。

うちの母の実家のバアイちょうど追い討ちのように農地改革かなにかのころで家はたちまち極貧生活に転落したけど、それでも子供の命は守り通したっていわゆる美談なんだけど。

「山長」ほどの大身代だったらなんとしてでも薬くらい買えるだろうに。
うーん。

昭和23年だったら・・まだ薬、なかったんかな ここ
・・それでも皇族の故・秩父の宮なんぞ、ながくこの病に苦しまれたものの戦後すぐどこかの国から融通してもらってその特効薬を手に入れたって評伝を見た気もするが。
やはりルートが違うんかな。
キヨシの闇市ルート、はたまた秋山さんのGHQルートなど強引に駆使してどうにかこうにかペニシリンとか、手に入れることできなかったんかいな(こだわってる

+

結核といえば「トトロ」。
さつきとメイの姉妹の母は結核で療養所に入れられて、一家がわかれわかれになった夏、姉妹たちはトトロたちの妖怪変化と知り合いになり、仲良くなる。

「純情きらり」のいっき君にもやがてトトロは現われるんだろうか。
とゆーか、あの冬梧さんだったっけ。津軽なまりの画家。
あのひと太宰治がモデルなんでしょ?
とゆーことになると、あの一家じたいトトロどころかそれ以上のものすごいもんに取りつかれることになるというか。

これからもきっとなんかありそーでなさそーで。
とゆーか。家族の歴史をたんたんと辿っていったドラマって、そういう膨らみもあるのよね、きっと、と。

とにかく朝ドラ史上初の悲劇におわり?、こんなのアリかよとひたすらボーゼンとしてしまった「純情きらり」。
・・後続の「いもたこなんきん」のCMのひたすらなアホっぷりがただただ、悲しかった・・(笑


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月 9日 (水)

ごんぎつね

うちの子たちは中学・高校生のくせにアニメ「日本むかしばなし」が大好きで、一週間の楽しみ、といえるほど夢中になって見ているようだ。

というわけでわたしも付き合わされて見させられていたが・・

今夜の物語はご存知「ごんぎつね」。

原作つきの物語も「昔話」としてしまうふところのふかさはさておき・・

今夜はなぜか一時間スペシャル企画。

・・きつい。あの「ごんぎつね」だけで一時間はチトきつい。

案の定、カエルと遊んで淵にはまってドンブラコやらお隣さんの出産騒動やらおかあさんきつねの死の場面に赤い花が散って赤い蝶が舞ってそれって本当にごんぎつね?なおはなしてんこ盛りでひきのばすだけひきのばす。

はやくしろ、とおもいつつ、まったりと家族で見ていてあるとき突然びっくり仰天。

声がいつものふたり組みじゃないこととか、画風が三男いわく「アニメ旧約聖書」にクリソツ、とか。そんなことじゃなくって。

・・ひょうじゅう、だったのね。兵十。

ウナギがトラウマなおじさん(・・どんな話やねん。でもそういうはなしになってた)、「へいじゅう」だと今まで信じてたのに・・

えええええ~~~~っ!!!????
「ひょうじゅう」!?
誰それ。知らんかったよ~~

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の「カリビアン」を、「カビリアン」って、エイリアンの親戚か浴室のカビ取り剤の新製品かよ、みたいな名前で実はずっと長い間信じてたのと同じくらいのびつくりさ。

+

でもやっぱりいつの間にか刷り込まれてしまった「へいじゅう」の方が正しいようで、「ひょうじゅう」に違和感ありありで。
というわけで、ラスト、ひとりぼっちの「ひょうじゅう」の涙を見つつ長男としみじみ歌いましたとさ。
もちろんここはなぜかあの、ビートルズの「ヘイ・ジュード」。

「♪へいじゅう~ へいきさ~ 
きみはひとりじゃな~あぁいぃ~♪」
(原曲: ♪Hey Jude, don't make it bad
Take a sad song and make it better)


+

替え歌といったらこのごろSMAPの流行の曲で
♪ よ~う~こ~そ 日本兵~

が我が家で静かなブーム。いや、終戦記念日も近いということで、靖国問題を考えようってことで・・

+

描かれてきつねのごんは見てゐたり絵本の秋をゆく葬の列 春畑 茜 『きつね日和』
そののちを本は語らず 裏表紙閉づればしろく野の菊が咲く 春畑 茜 『きつね日和』

こんな変な記事にすてきな歌を引用してしまってはるはたさん、ごめん。
 

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年6月16日 (金)

吾輩は主婦でアルである

♪ねぇ聞いて お母さんね
好きな人がいるの
それは・・それはね・・・
お父さん!
(言 っちゃった♡)♪ (「吾輩は主婦である」主題歌)

主婦の罪深い昼下がりの楽しみ、ドロドロ系が定石とされる昼ドラに新風?、『吾輩は主婦である』にハマッテいる。
文豪・夏目漱石に憑依された主婦(斉藤由貴)をめぐるチョー明るいお気楽下町ホームコメディー。
オレ女ならぬ「吾輩」女、斉藤由貴の男っぷりがナイス。話のながれに関係なく突然登場人物によってはじめられる歌や踊りもナイス。
いつもおもうことだが、こういう楽しいドラマはサザエさんやクレヨンしんちゃんを見習って、最終回を迎えることなく永遠に続けてほしい。

というわけで、劇中劇ならぬ劇中CMに使われていたシャンプー「エッセンシャル」をつい買ってしまったわたしって・・(笑

「吾輩は主婦である」の夏目漱石といえば胃で悩んでいたイメージがあるが・・
漱石に憑依されるより、わたしだったら、・・なんて考えつつ
ここ一週間ほど胃のあたりがどうも苦しく、昨日は午後からまたぞろ新しい病院に行ってしまう。
そういえば以前、「短歌人」の会でお酒がはいったとき、その場にいた方々に、
「物故歌人に憑依されるなら、誰がいいですか」
って尋ねてみたことがある。
みんなええっ?って言いながらも、でてきた名前がなぜか女性ばかりだったのはおかしかった。
「オレだったらやっぱり、和泉式部だな。才能あるしなにしろ美人だし色っぽいし、恋人なんかよりどりみどりで、夜毎こう・・」
となにやらあらぬことを言ってらっしゃった方、その方も亡くなってしまわれてからずいぶんになる。

ぬひぐるみの縫ひ目ほどきて布にしてまた縫ひなほすだけのやうな転生 みほ

旧かなってむずかしい。って思ってたらすごく便利なのを見つけてしまう。
旧字体フィルター ここ
わたしが夏目漱石だったら簡単に書けるハズの旧字体も、これを使えばラクチン、てか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

純情きらり♪

はまりにはまった昼ドラ「貞操問答」のあとの長いブランクをうめるがごとく朝ドラ「純情きらり」を見始める。
「貞操問答」のヒロイン新子の役が さくら で、純情きらりのヒロインも桜子 って名前つながりですか、と(無理やり
「貞操問答」+「純情きらり」で「貞操きらり」 (「純情問答」ではナーイ)
したがって、 福士誠治萌え(はぁと)の正しいドラマの見方は、「貞操問答」でひたすらかっこよかった謎の運転手・杉山 のその後が「純情きらり」の達彦さん なのねん、って無理やりな視点から、達彦さんも強制的に「杉山達彦」に脳内変換される、と。 (原作者の菊池寛と津島佑子が怒るぞ

それはさておき。
中村紘子のエッセーを読んでいるとこのドラマの舞台になっている東京音楽学校(「なんちゃって音楽学校」なのかもしれないけれど)・・についてのはなしが良く出てくる。
でも戦争末期のころの音楽学校っていうのは
「同じクラスの異性の生徒同士が話をする時は、二人で学生課に行き二メートル離れて話すこと」
という決まりまであったということや、
「或る時ににわか雨に襲われて、女生徒が男生徒を傘に入れてやったところ、校長に目撃されて処分さわぎになった」
とか、
「男生徒から手紙を貰っただけで二ヶ月の停学処分を受けた」
とか、
「その類の話にはこと欠かない」、
「男女生徒間の規律というものに病的に神経過敏」なものだったとのこと (『ピアニストという蛮族がいる』より)

・・つまりドラマでの、マカロニほうれん荘、ならぬ「マロニエ荘」の男女入り乱れての楽しい学生生活なんて・・
ちょっとばかしありえねーんじゃない、と。

というのも幸田露伴の妹のピアニスト幸田延。明治の御世に留学、女ながら東京音楽学校技術監にまでなった・・とか。
幸田文のエッセーに時折でてくるこの延の人となりはさすがにすばらしいものがあり、さすがエロかっこいい幸田姉妹は違う!、というかんじがあるが (違^^;
その幸田延が明治42年に39歳の若さで東京音楽学校を辞職するきっかけになったことというのが、世間からうけた無責任なバッシング。学校内の男女間の風紀問題ということで・・

幸田延は辞職後、当時の上流階級の子女たちにピアノを教えていたらしい・・
ドラマが舞台の時代はまだ存命中のはずだから・・
謎の実力者というか、そんな役ででも、ちら、と登場してくれないかしらん (ついでに露伴も^^

+

ところがピアノの当時流行というか、本流とされていたとおもわれる方法は、

キイの上においた両手の、手くびはいつもさげて十の指をキイと直角に高くあげて弾らす方法だった。それは、どこかに無理があってむずかしかった。 宮本百合子『道標』 第二章4 ここ

というもので・・
この「ハイ・フィンガー奏法」こそが長く日本におけるピアノの(悪しき)演奏法だったということだが・・

「純情きらり」のピアノの指づかいってば、この演奏法ではないような気がしますが、どうなんでせう。

+

ほほゑみに肖(に)てはるかなれ 霜月の火事のなかなる ピアノ一臺(だい) 塚本 邦雄

宮本百合子だったら「革命歌作詞家に凭りかかられてすこしづつ液化してゆくピアノ」の方がいい、ってことになるかもしれませんが^^;、と。

+追加+

中條百合子まだ処女子(をとめご)の葡萄茶(えびちや)着て道にあひ赤くなりし久米正雄ああ 土屋 文明

・・ああ!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)