短歌・俳句

2013年4月22日 (月)

ROMEを見終えるまで、死ねない

ここ数日点滴に縛られててなにもできなかったのをいいことに
読んだ本:

山崎豊子「花のれん」
健全&痛快すぎてある意味びっくり
イケメンでダめんずだった旦那が死んで、邪魔者がいなくなった
超しっかりものの超元気印な御寮人はんが
向かうところ敵なしの勢いで商売頑張りまくり
超成功しまくるおはなし
ピンチをチャンスにする浪速のど根性ものだから仕方ないにしても、
あまりに能天気すぎるきらいはあり
とはいうものの、ところどころはさまれたしっとりとした情感はいい


藤沢周平「蝉しぐれ」
点滴の針が逆さまになっても読みきったるぞ!という執念で一日で読破
感想:藩の跡継ぎ問題にかかわる騒動で切腹させられた父の遺骸を荷車で主人公が運ぶ場面、
映画やTVでチラ見したのと微妙に違ってて微妙にびっくり

さて、舞台になった海坂藩について、wikiでは「藤沢は、一時期俳句を投稿していた句誌『海坂』から、作品の舞台となる世界に海坂藩の名を与えた。」
とあった
へー
750

それはともかく
「こんにち「海坂藩」は藤沢の描く架空の小藩の代名詞のように見なされており、小藩を舞台にした一連の作品が「海坂もの」と呼ばれることがある。」

「作品によって「海坂藩」の歴史・地理的描写に異同があるため、すべての作品の設定を一つの地図や年表に収めることは不可能である。しかし大まかな傾向は共通しており、モデルとされる庄内藩の歴史・地理を思わせる描写が行われている。」

というわけでファンによる海坂藩の地図もできているらしい・・

読みながら頭の中で地図を描いてたから迷子にはならなかったけど、
実はワタクシ、現在住んでるのは某城下町のはずれで、
城下町の常として地名も似たようなのは当然なのだけれど
光景が重なって見えてしまうのは仕方ない・・

+

海外ドラマ「ROME」
ローマはもちろん架空の海坂藩と違い実在の都市ではあるが、
なんとまあ、ファンタジーとバイオレンスと欲望の魔都であったことか

DVDを交換する手間すら惜しんで
ここ数日ひたすら見つづけながら
うすぼんやりとした既視感に気づいてたが、やっぱり
大ヒットバカ映画「テルマエロマエ」に、その壮大なセットを提供していたらしい

それどころか「ROME」にはまりまくった作者が
熱にうなされたような感動そのまま描きあげたのが「THERMAE ROMAE」のはじまりだったらしい・・ここ
・・むかし昔「源氏物語」にうなされた娘っこが「更級日記」を書き上げた前例を思い出しますなあ
タイトルがモロにかぶってるんはもちろん、
なにしろいくら似たような名前ばっかりな古代ローマだから仕方ないにしても
「THERMAE ROMAE」の主人公ってば
「ROME」の主人公と同じ「ルシウス」にしちゃうぐらいの熱中ぶりなんだもん

・・きっとスタッフにもその熱病は感染してしまったのに違いない
タイトルやフォントの雰囲気や
冒頭の古地図シーンや、
「THERMAE ROMAE」未公開の温泉劇場「古代ローマ帝国」はもろ、
「ROME」劇中の妙な再現劇に似てる気もするし
「THERMAE ROMAE」に時々でてくる謎なオペラ歌手はというと、
「ROME」のデブなくせに身体能力が妙にキレのいい広報官に似てる気がするし・・

まあその他いろいろ
「ROME」を「THERMAE ROMAE」がいろいろぱくり
リスペクしているのは確かだろう

ということで事実は小説より奇なりな
歴史ものに名を借りたドロドロ系シリアス西洋活劇「ROME」。
過激すぎてお下品きわまりない、むしろ嫌悪感しかもたらさない性的場面は無視・無視!
そんなことを避けるあまりこのドラマを見ずにいるのはもったいない!
「平清盛」終了後の喪失感にうつけのようになっておりましたわたくしの心を
すっかりワシ掴みしております

続編ができるらしい「テルマエ」
本家「ROME」も是非とも続編を・・!と思います(エロは削除の方向で
そんでもって今度は「テルマエ」のセットで「ROME」を撮影するってのもアリかとおもいます?

+

しづかなる大和の寺を覗きみぬ聖娼婦百済観音の足 葛原妙子

大和=古代日本の「ROME」ということで・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

聖地、だったのか

youtubeで無料だからって訳でなーんとなくぼんやり見始めた「攻殻機動隊」スタンドアローンコンプレックス

第一話から見るつもりがうまく読み込めず、第二話「暴走の証明」からスタートしてびっくり

「学園都市から延びる播磨テクノラインは、山道を切り開いた専用道路。周りは農村ばかり。」(SAC1 第2話)

・・だっていきなり、もと住んでた村のおはなしなんだもん

翌朝原住民くずれの旦那とおなじく次男といっしょに大鑑賞会

「こんなに田んぼばっかりじゃねーよ」
「山から降りたところにあるホタルの壁絵(通称ゴキブリ)を描かないのは完全に片手落ち」
などとわーわーとw

・・でも一番うけたのはやっぱり
山場のひとつの狙撃シーン

Sac4s

いやこれ、マジで千種川流域だし
となると住んでた村側から東側の対岸にむけて狙撃してんだ~~
家から数百メートルも離れてないよ~
危険すぎるよ~~w
ってうれしくなる

スプリング8を擁した播磨学園都市からこっち、
戦車とタチコマの走ったルートの流れによくわかんない部分もあるけれど
役場前から赤松にかけてこういうポイントがいくつかあって
あえていうなら鞍居川が千種川に合流する役場前の光景ね
もちろん現在の姿と違うし、
むしろ大昔トンネルがあったって昔話のほうに忠実なのはなぜ、って感じなんだけど

それはそうと千種川とトグサ、って名前、似てなくね?
(トグサは右から3番目のひとね)
10067441806

作者士郎 正宗(しろう まさむね、1961年11月23日 - )は
兵庫県神戸市葺合区(現中央区)出身らしいけど、
なんだろう、このいうにいえない気分は・・

+

村棲みのあはれをいふや捨ててきた過去ははるかな対岸の花  みほ

なんか炸裂してたころの歌
わたしのいわゆる、「暴走の証明」


ところで村のHPをあらためて見てみてびっくり
この2学期から、小学校の学校給食がついにスタートするらしい
これは・・快挙ですぞ

「学校給食なんて、嫁がラクをしたいだけや」
「学校給食をしたいなんて言うやつらは、アカや」

なーんて村住み当時の数々の言葉がいま、熱く甦る・・笑


それはそうと・・
SACの舞台になってたって知ってたら、村をもっと愛せたかもしれないよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

ミシン記念日

子供のころのことをいまさら自慢したって誰も知らない話ばっかりだが

・・実は手芸が得意だった

ピンクの透明なプラスチックの、カットガラスみたいな模様の入ってる自分専用の針箱に
自分専用の針山にはさみに糸巻に・・
母からもらったものばかりだったけど、
針山にならべる針をそろえたり、ならべたり、
大切にしてた昭和の少女

だからだろうか、
学校の課題はいつも褒めてもらい
市のなんとか賞やなんとかや、
あたりまえのように貰ってくるので、
それをあたりまえのように思ってた @傲慢

でもいつの間にか・・

針を持たなくなってしまってた

ウン十年の月日が去り
朝ドラでも画期的だった「カーネーション」
見ているうち位どうにもこうにもミシンが使いたくなり

・・ようやく
先日母の古いミシンをもらってきて

昨日から旦那も子供も留守で手持無沙汰なのをいいことに

悪戦苦闘約一時間後
PCに使用書をダウンロード
それを見ながら再度格闘

するとわりとあっけなく

ダダダダダ

おおっ
なかなか使えるじゃん、わたし

古いシーツの再活用の、枕カバー3枚一気に縫い上げいとうれし♡
やっぱ無駄に天才や、俺 (殴


にはかなるミシン踏み出す夜寒かな 中村汀女

短日のひかりうれしく踏むミシン  みほお

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

どこのどなたか

さいきん一カ月の動静。

四週間前 : おしゅうとさん、緊急搬送 → 入院
三週間前 : 出勤途中に自動車、謎のパンク → 馴染みのガソリンスタンドのお兄さんに助けてもらう。思わぬ出費に泣く。
二週間前 : マンションの天井から謎の漏水 → 二部屋ほどの被害なるも、いまだ修繕のめどたたず(悲劇
先週 : おしゅうとさん、転院。

かなり自分的に疾風怒濤だったんで、気分をかえるため昨日は恋と革命の歌人KDの展示をしてるH市文学館へ行く。当日はKDの50年目の命日だったんだ。へー。

・・FYさまの講演会のあといそいで帰ろうとして、歌人KDの妹さんの隣を歩いていることに気づく。

デパートの食堂給仕の職を得し妹こよい美しく見ゆ 岸上大作

などの歌の御本人だ・・
と思うと是非とも 御挨拶したいっ!! って思ってしまい、勇気をだしてお声をかけさせていただくも、かなりシドロモドロになってしまう。
あ~、おもいっきり恥ずかしいぞ、自分。

そうそう。
わたしの歌集がヤフオクに出てる~
10年前の本なのに定価2500円が3500円になってるぞ~
100円になったら買い取ろう笑、っておもってたら・・

・・いつの間にか誰かが3500円也でお買い上げになってたんでびっくり。

あの~

どこのどなたか存じませんが、よろしければメールください。
・・ってもここを読んでるわけないと思うけど。

00_vicissitudes14_m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

看板

ゼロ金利政策が発表されたらしいけど・・

というわけで某姫路市の第二神明の某中地ランプを南に下ったところの、現在も堂々立ってる看板を。

Cimg0541

・・なんだか夢のような金利だこと。夢だったけど・・謎だ。
ってなんでこんな看板を現在も残してるんだ、って方が謎か。

フリジアの花買ひたれば花売が桃のつぼみを落してゆけり  三ヶ島葭子

オレンジ→桃という発想で(殴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

一首の背景

手品師の帽子のなかに戻りたき白鳩あらむ水無月の朝   みほ

って一首について、メルヘンとか鳩山政権の崩壊の時事詠とかいう声があって、
いや実際鳩山さんが退陣した6月2日ごろん時の歌なんだけどね。

ある日ベランダに真白い鳩がやってきて、バケツの中に入ってしまいました。おわり。
って歌。
かなり長い間憩ってくれてて、写真撮るヒマも十分あった。
なんでやねん。

ってわけで証拠の写真 ↓

Cimg0545

ハトさん、本物です。私のお人形じゃありませんby小沢

つか、雑草多すぎ。

Cimg0546

・・きっとマジックに使っていた鳩が逃げ出してこんなとこにいるんだ、と思ったという次第。

最愛のカワラヒワちぴこがベランダにいた私の肩にとまってきたのはもう何年も前のこと。
それからの日々は私の人生のなかで最高に幸せな時代のひとつだった。

もうそんな奇跡は私のもとにやってこない・・と嘆いていたら微妙にこんなことが起こっている。
私の歌はわけがわからない、ってよく言われるけど、私だって何でこんなことが起こるのかわけがわからない。
世の中ではもうなんだって起こり得るんだな、ってなんとなく思った出来事。

時折はちひさな頭に手品師の帽子思ひて鳴いてみる鳩

手品師の帽子のなかから放たれて放たれて後そのままの鳩

写真機のなかにゐたとふ鳩とゐて手品師のこと思ふ鳩ゐる

手品師の帽子か黒く白鳩はその身をバケツの青に潜めつ

帽子から羽ばたきし日々白鳩はバケツの中よりその身を出しぬ

手品師の手のひらのなかイリュージョンに生きてゐた日々うつし世は夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

夜濯

ここのところ暑くて日中外に出て洗濯物が干せない。
だから夜に洗濯をすることにしている。

風が涼しいし静かだし。
昼間の汚れをその日のうちに綺麗にするって、気持ちいい。
台所で使った水を鉢などに注いだりしながらごそごそしてるといろんな物音がする。
虫の羽音やエアコンから落ちる水滴の音やなんやかや。
そうそう。いつか月夜にトンボが飛んでいた。
あかるい窓辺にあつまる虫を狙っていたんだろうか。

つい最近まで蝉が夜中も鳴いていた。今では秋の虫の声ばかり。

夜濯ぎの水音闇を渡り来る 野辺祥子 ここ

むかしむかし。
夜に洗濯をするなんて・・と母やお姑さんに叱られたことがある。
青空の下で洗濯を干す幸せは否定しないけど、
若いときは夜しか時間がないこともあるのに、そんなことを斟酌してくれるひとたちじゃない。
だから若い人は、って言われても「夜濯ぎ」はれっきとした季語になってるし、ってのもなんだかなぁ・・

1609509bs

夜濯やあしたに繋ぐ白さあり 鈴鹿仁

夜は白いものが目につく。白だけでなく「夜まさりする」色はほかにもある。
そういう発見もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

麦茶量産体制

・・数日前から大学生の次男が下宿先から帰ってきて、麦茶の消費量がうなぎのぼり
気がつけばわたしゃ立派な麦茶ばばあ
朝から夜まで麦茶・麦茶・麦茶つくりまくり。

なんだか飽きちゃったからウーロン茶も作る。
麦・ウーロン・麦・ウーロン
交互で飲めばお味は新鮮。

仕事場には500㍉のペットボトルを凍らせていく。
もちろんすぐ溶けてしまうんだけどね。
冷たいのを首にあてたり握ったり。
バンダナで巻いてるんだけど、
今日はどれでおめかししよっかな。
って感じ。たかがペットボトルだけどね。

小学校なんかソレ、体育大会の練習があるから、
「2リットル持たせている」
ってのはザラ。さらっていうけどでもオイ約2キロだぞ。自分の体重の何パーセントやねん。
自分の体重の何パーセントかの重さの麦茶+ランドセルを持たされ鍛錬させられる小学生の日々は続き、体育大会がおわったらガクって消費量がすくなくなるのよね >麦茶
それまでガマン、我慢・・って、うちにはそんなちいさい子、もういないけどね。

・・って思ってたら次男、帰っちゃった。
トタンに麦茶量産体制、減っちゃった。

ひとりでどんだけ飲んでったんだろ。謎。


360035_8

精一杯走つたよね ちよつとだけつまづいたよね 麦茶をどうぞ  みほ
暑いよね頑張つたよねくやしいね泣きたいちよっと 麦茶ありがと みほ

・・ラップみたいだ。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

全国

猛暑の折から・・甲子園の組み合わせが決まったとか。
甲子園がはじまったらいよいよ夏は折り返し後半になる。
試合がすすんでいくたびに、
○×高校ナインの、甲子園の夏が終わりました。
そんなフレーズを繰り返し聞くことになる。
いれかわりたちかわりあらわれるマウンドの投手の影がだんだん長く、濃くなってゆき、
涙とともに掘り返される土の匂い。
・・ゆっくり、確実に秋の気配を感じるようになる。

真昼、黙とうのサイレンがあり、
何日かおきに行われていた試合が三日おきになり、二日おきになり、
連日の死闘の果ての、サイレンがあり。

三男 @吹奏楽部 が甲子園の入退場の演奏に出ることになり、
俺、甲子園に出ます(キリッ
ってことに。
今日から練習らしい。
あぁ~栄冠はぁ~、きっみにっかが~やあ~くぅ~♪

基本甲子園までの乗車券は自腹。
うちの子は楽器は持たずマウスピース持参。
お弁当水筒は支給らしい。(もちろん脱水症対策にお茶は持たせたけど)

行く時は制服着てったけど、
この日差しでしょ、帽子でももたせたくって。

「帽子、貰うからイラナイ」
ってさ。そういえば二男のときも白い上下を支給してもらった気がする・・

二男も参加した甲子園。あれは忘れもしない、ユーくんマーくんの夏だった・・
入退場だけでなく、出場したご近所さんの高校の応援にまでかりだされ、甲子園三昧だった・・(遠い目

・・ともあれ。
この暑さ、どうしてるかと心配。

国人ととつ国人と打ちきそふベースボールを見ればゆゆしも 正岡子規 ここ

競技が国内ばかりでなく、外国人相手をもするやうになつたことを歌つたもので、随筆に、『近時第一高等学校と在横浜米人との間に仕合(マツチ)ありしより以来ベースボールといふ語は端なく世人の耳に入りたり』云々ともある。

もちろんそうなんだけど、北海道から沖縄までの全国の高校生が手合わせするって、やっぱりいいなあ、と。

・・ちなみに子供のころ、「全国」と「全世界」の区別が長いあいだわかんなかったなあー、と。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

メリー

先日三男の部活の保護者会があるってんでお出かけ @大雨注意報絶賛発令中
雨はたいしたことなかったし、授業してるし。

ところが会場のはずの音楽室にいっても誰もいず。もちろん部室にも。
やだこの設定。つうか休み時間になったら生徒らあふれかえるし私どこでどーすりゃいーんだ。
じき花より男子そこのけのイケメンな学生さんでいっぱいになるぞ。ひゃっほー(棒読み

廊下の隅の掃除道具入れにマジ身を隠そうかと真剣に思考しつつ。

・・チャイムと同時にとりあえず無人の音楽室に身を隠し、時間をはかって三男に電話。基本的に携帯電話持参OKの学校ゆえのメリットですな。

三男とりあえずすっとんできてくれてとりあえずここで身を隠せ、と。
事態収拾はオレがするからおかんは変に動くなと。

そりゃ参観日でもないのに自分のおかんに校舎内ほろほろされたら登校拒否るほどのダメージにマリアナ海溝。
(なるわな、とマリアナ の洒落)

・・保護者会はとりあえず延期ってわかり、それはいいんだけど。

今日は保護者面談。

「面談おわったよw って部室に来るなよ!」
ってきつくお達しをうけてたんだけど。

テリトリーってのはわかるけどなんか自分の息子に指図されっぱなしってのも微妙に原たつのりだから。

件名:私メリーさん
本文:いま部室の前にいるの

ってメール送ってヤルタ会談。

(説明すると長くなりますので興味ある方のみ自己責任のもとこちらをドーゾ  メリーさんの電話  ←自己責任とかそんなご大層なもんでもないが)

「帰りなさい」って即レスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

・・息子よ。猛暑のさなか、遊んでくれてありがたう。

おしまい。

河明かりしか見えないが河を渡ってくる母に手紙を書こう 小岩りの『ためらう女』

Japanwallpapers14

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧