映画・テレビ

2013年4月22日 (月)

ROMEを見終えるまで、死ねない

ここ数日点滴に縛られててなにもできなかったのをいいことに
読んだ本:

山崎豊子「花のれん」
健全&痛快すぎてある意味びっくり
イケメンでダめんずだった旦那が死んで、邪魔者がいなくなった
超しっかりものの超元気印な御寮人はんが
向かうところ敵なしの勢いで商売頑張りまくり
超成功しまくるおはなし
ピンチをチャンスにする浪速のど根性ものだから仕方ないにしても、
あまりに能天気すぎるきらいはあり
とはいうものの、ところどころはさまれたしっとりとした情感はいい


藤沢周平「蝉しぐれ」
点滴の針が逆さまになっても読みきったるぞ!という執念で一日で読破
感想:藩の跡継ぎ問題にかかわる騒動で切腹させられた父の遺骸を荷車で主人公が運ぶ場面、
映画やTVでチラ見したのと微妙に違ってて微妙にびっくり

さて、舞台になった海坂藩について、wikiでは「藤沢は、一時期俳句を投稿していた句誌『海坂』から、作品の舞台となる世界に海坂藩の名を与えた。」
とあった
へー
750

それはともかく
「こんにち「海坂藩」は藤沢の描く架空の小藩の代名詞のように見なされており、小藩を舞台にした一連の作品が「海坂もの」と呼ばれることがある。」

「作品によって「海坂藩」の歴史・地理的描写に異同があるため、すべての作品の設定を一つの地図や年表に収めることは不可能である。しかし大まかな傾向は共通しており、モデルとされる庄内藩の歴史・地理を思わせる描写が行われている。」

というわけでファンによる海坂藩の地図もできているらしい・・

読みながら頭の中で地図を描いてたから迷子にはならなかったけど、
実はワタクシ、現在住んでるのは某城下町のはずれで、
城下町の常として地名も似たようなのは当然なのだけれど
光景が重なって見えてしまうのは仕方ない・・

+

海外ドラマ「ROME」
ローマはもちろん架空の海坂藩と違い実在の都市ではあるが、
なんとまあ、ファンタジーとバイオレンスと欲望の魔都であったことか

DVDを交換する手間すら惜しんで
ここ数日ひたすら見つづけながら
うすぼんやりとした既視感に気づいてたが、やっぱり
大ヒットバカ映画「テルマエロマエ」に、その壮大なセットを提供していたらしい

それどころか「ROME」にはまりまくった作者が
熱にうなされたような感動そのまま描きあげたのが「THERMAE ROMAE」のはじまりだったらしい・・ここ
・・むかし昔「源氏物語」にうなされた娘っこが「更級日記」を書き上げた前例を思い出しますなあ
タイトルがモロにかぶってるんはもちろん、
なにしろいくら似たような名前ばっかりな古代ローマだから仕方ないにしても
「THERMAE ROMAE」の主人公ってば
「ROME」の主人公と同じ「ルシウス」にしちゃうぐらいの熱中ぶりなんだもん

・・きっとスタッフにもその熱病は感染してしまったのに違いない
タイトルやフォントの雰囲気や
冒頭の古地図シーンや、
「THERMAE ROMAE」未公開の温泉劇場「古代ローマ帝国」はもろ、
「ROME」劇中の妙な再現劇に似てる気もするし
「THERMAE ROMAE」に時々でてくる謎なオペラ歌手はというと、
「ROME」のデブなくせに身体能力が妙にキレのいい広報官に似てる気がするし・・

まあその他いろいろ
「ROME」を「THERMAE ROMAE」がいろいろぱくり
リスペクしているのは確かだろう

ということで事実は小説より奇なりな
歴史ものに名を借りたドロドロ系シリアス西洋活劇「ROME」。
過激すぎてお下品きわまりない、むしろ嫌悪感しかもたらさない性的場面は無視・無視!
そんなことを避けるあまりこのドラマを見ずにいるのはもったいない!
「平清盛」終了後の喪失感にうつけのようになっておりましたわたくしの心を
すっかりワシ掴みしております

続編ができるらしい「テルマエ」
本家「ROME」も是非とも続編を・・!と思います(エロは削除の方向で
そんでもって今度は「テルマエ」のセットで「ROME」を撮影するってのもアリかとおもいます?

+

しづかなる大和の寺を覗きみぬ聖娼婦百済観音の足 葛原妙子

大和=古代日本の「ROME」ということで・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

平清盛にはまってます

視聴率が超絶悪いということでのみ注目されてるNHK「平清盛」ですが・・

はまってます
日曜の本放送(清盛)と再放送(再盛、または二度盛、というらしい)、かかせません

本当はBSも見て(おなじく早盛、という)、
合計三盛して、
平日は資料や動画チェックでうるうるして、
再盛でテンションアップして、
日曜日は朝からそわそわして、
夕方からどこにも出かけず、電話もうけず、来客も断り
放送中はテレビの前で正座してガン見・・というのが正しい見方らしい(正盛)

・・そこまで正盛してなくて、
わたしは所詮ハンパな半盛ですが、
子供の頃は必死に見てた大河
ここ最近はどうも周波数があってないというか・・
それでもこわいもの見たさで一応は見てたんですけど・・

もちろん最初の何回は見たり見てなかったり
そりゃあ「お茶の間」にふさわしくない場面もありましたからねえ(遠い目
でもいつごろかなあ
独特の世界にどっぷりはまってしまってます


それはさておき・・

もうとっくの昔に決まってると思ってた源義経役ですが
まだ決まってなかったんですね


ところで今週の某女性週刊誌、

玉木宏が低迷大河を救う仰天プラン

ってタイトルだったんで・・もうソワソワ


平治の乱でお亡くなりになる予定の源義朝たる玉木宏さん

そう!

息子たる 源義経役で復活! してくれないかな~~

もうこの方しかない!と思うんですが

Sp12

(関東は上総の国あたりで「原人生活」してらしたときの義朝さんの図)

ずいぶん長いこと書いてなくってログインの方法忘れてました
あーあ(^_^)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

『レッド・クリフ』観たよ

「乃(なんじ)の子、平安」小喬のセリフ「レッド・クリフ2」より
乃の子、と書き孕むとよむ・・(画面)

いつから女は地球を歩き出したる風に孕む歩き方せり 高瀬一誌『喝采』

孕む、って言葉、あんまり好きじゃなかった。子作り、ってレベルなくらい嫌。
せめて赤ちゃん授かるっていうか、そういう言い方の方が好きというか。
でも「レッド・クリフ」にあった「乃の子」、というせりふに自分の感覚の狭さを思い知った。

風に孕む・・
不思議な語感だ。神話かなにか、そういうはなし、ありそうな。
高瀬さんの歌のなかでもとりわけ好きな一首だ。

えー、はなしかわって。
パンデミックになるまえに思い残すことなきよう・・ってわけじゃないけど、「レッド・クリフ2」行ってきました~

「1」のラストでなにゆえ突然サッカーを、とお疑いの諸君。なんと「少林サッカー」かハリポタの箒合戦か、ってな神的展開にまずはボー然となりたまえ。そんでもって「デブ助」と「おバカ」の定番的恋。死亡フラグたちまくりのこれでもか展開にこれはないでしょ、と。
そんでもって伝書鳩くん、大活躍でした~。亀も「汗かいて」元気でしたよ~。 「萌萌(馬)」も。
孫権の妹の江戸時代の腰元風「あ・れ~~~」のくるくるくるも必見。
そんでもって黄蓋じいさま、どうでもいいけど北大路欣也そっくりさんになってました(謎
で、投降するふりもなく爆弾突撃にびっくりしました~ 獅童の死を賭しての突撃はそのためだけの日本人キャストかと勘繰り? 北大路欣也そっくりさんと一緒だったからここは赤壁じゃなくってどっかの「203高地」かいなと軽く混乱。
てか、魚油ってあんなに燃えるもんなん? ガソリンよりすご~
でもって孔明が「風よ吹け~」って踊る場面、なかったっす。見たかったのに~~ほんまに三国志なん?
小喬が茶をたてて曹操を釘付けにするは(関西の方言でいうところの「茶でしばく」(お茶する)ってこのことか)、
そんでもってそれしきのことでほんま骨抜きににされて策をあやまる曹操もあんぐりだが、
でもって天上からラピュタのシータみたいに小喬が降ってくるは、
ってことはつまり曹操はムスカ大佐ってことか。周瑜はパズー?

周瑜と孔明はあいかわらずラブラブだし(こいつら見つめあってばかり。愛想つかして小喬は曹操に奔ったのかと。そのほうがいいよって途中で声援おくった私って・・)
逃げる曹操を関羽が逃がす場面はないし(「1」にあった無理やりな伏線、空ブリか)
諸葛キンはどこ? 鵬せんせいも。大喬は?
って謎はありますが、ま画面にむかって立ち上がって抗議するまでもなく「なんちゃって三国志」と思えばとっても楽しかった~、と。
満足度☆☆☆☆☆(星五つ。こんだけ突っ込んどいてこの結果かよ)

カメを買うカメを歩かすカメを殺す早くひとつのこと終わらせよ 高瀬一誌 『喝采』

あ、いや。例の如くカメ、今回もかっわいかったもんでv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

少女は時をかけたか

先日テレビで放送してたアニメ映画「時をかける少女」を観た。
SFとしても物語としても話が破綻しまくってるってことはどうでもよく、
夏休み前の高校の教室。先生との会話。同級生。先輩に後輩。
ノート提出。小テスト。調理実習。模試の掲示。
文系か理系か。生徒会の掲示板。自転車置き場。消火栓。
青い空。グラウンド。通学路の商店街。
そして音楽室で誰かが弾いているピアノの音。
あれやこれやに・・
切なくなった。

「文化遺産」って建物みたいだけのようだけれど、
・・こういう学生時代って、ある意味人生のなかの特別な時代、切り取られた時間帯ってのもまた、失われていく文化遺産のひとつじゃないかなって思った次第。

魔女、と呼ばれてる主人公のおばさんがいい味だしてた。
実はこのひとこそ元・時をかける少女で、ラベンダーの花束といっしょにケン・ソゴルたちとの写真を飾ってるのも切なかった。
消えたはずのあの思い出は・・まだ生き残っていたのだ。

ある日突然少年は消え、残された少女は歳をとっても少女のままで生き続けていて。
ずっとずっと。博物館か美術館の奥深く、古い時代の絵なんかを修復しながら誰かがあらわれるのを待って、待ち続けていて。

・・主人公のマコトちゃんはどうでもいい。
その後の少女「魔女おばさん」からダンゼン目がはなせなかった、『時をかける少女』だった。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 6日 (水)

切り紙

冬至のころが一年で一番日が短いというけれど、実は今ごろっていうのが一年で一番日が暮れるのがはやいらしく。
そんなことを知ったところで人生豊かになれるわけじゃないけれど、そうか、これからだんだん日暮れが遅くなるのか、だったら日暮れのすずめもうれしいだろう、なんて思うだけでちょっとだけ心があったかくなる気がする (わたしだけ?

とにかく日差しがほしいから、プレ大掃除のつもりでカーテン洗ったり障子やふすまの破れ目をつくろったり。

・・破れ目といったら、子供の頃にすんでいた家では、紙で切った紅葉や桜なんかを貼っていたっけ。
母は器用なひとで、つつましい生活の何にでもそういう遊び心をだしてたっけ・・
子供だったわたしもさっそく母から作り方をおそわり、いくつもいくつもそういう切り紙細工をつくったりした。

・・と思い出したところではるかな記憶が。
むかしむかし、母といっしょにかじりつきでみていたテレビの昼メロで、かの「知恵子抄」をやっていた記憶があるんだけれど・・あれは本当だろうか。

と思ったついでに調べてみたら、あった! 

テレビドラマ「智恵子抄」(1970年版)
TBS系列の花王愛の劇場枠で、1970年11月2日~12月31日に放送。

高村光太郎:木村功  高村智恵子:佐藤オリエ
脚本:高岡尚平  演出:鈴木英夫   ウィキペディアより ここ

花王愛の劇場・・だったのね。
いたいけない幼児だったわたしのツボは、智恵子が切り紙細工をひたすらつくる涙の名場面で・・
「たのしそう。わたしもおなじこと、する」
とさっそく遊びはじめたものでありました (子供って、意味不明( ´ー`)ノ 

ついでに見ると・・
おなじく映画「智恵子抄」(1967年版)ってのは
高村光太郎が丹波哲郎 、おなじく高村智恵子が岩下志麻 って豪華キャストっぷり。大霊界VS極妻 微妙に観たいかも( ´ー`)ノ 

+

100均ショップに行ったら、なんとそのつぎはぎ用「紅葉と桜」が商品化されててびっくりした。
まあ、若かったころの母とちがい、娘のわたしはというと、いまさら桜を咲かせる年齢でもなし、と(ん?
紙を地味に四角く切ってすましたけど・・
ふすまは下地までやられててうんざり。
のりを塗った厚紙に糸をとおし、破れ目から入れて裏から貼って、糸でひっぱりながら表の破れ目を直す、ってテクニックで修復はなんとか完了。
あーあ。いい歳をむかえたいじょ。


| | コメント (2) | トラックバック (1)