スポーツ

2010年8月24日 (火)

甲子園に行ったよ3

決勝戦を見ながら思ったことは、彼らは勝ち残った存在なのだということ。
そこに敗者の涙があり、彼らはその思いを背負う、責任があるのだということ。

「ノブレス・オブリージュ」または「ノーブレス・オブリージュ (フランス語:noblesse oblige) 」。
「貴族の義務」あるいは「高貴なる義務」という訳は、スタジアムの中央で死力を尽くしプライドのすべてをかけて戦う彼らにふさわしい。

沖縄勢、一塁か二塁で制してしまう展開がつづき、なかなか三塁の出番がないからだろう、お互いに球を投げあったりしているのも余裕の表れというか。
なにをしても裏目にでるというか、精神的に追い詰められていく感じの一方を見ているのはつらかった。

・・そして閉会式。
繰り返すマイクテスト。
ビックウェーブが生まれたのは二塁と一塁の間ぐらい。沖縄勢を勢いづかせ、時計回りにこちらにまわってきた。
東海大相模勢はどう出る?
はらはらしながら見ているとウェーブを途切れさせることなくつないで、そのときおおきな拍手が。
わたしは最初はすわったまま、あと二回立ったっけ。
でも閉会式がはじまるとそっちに注目。

吹奏楽団の入場、マーチ。
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
うちの子よぉ~~!と写真を撮りまくる。
君が代ももちろんうたいました!!

吹奏楽団の退場とともにオットから℡。
スーパーの電気屋さんの店先で店員さんといっしょに中継を見てたらしい。
「夏がおわった~」
ってうしろの人たちが急にポエマーになったのを最後に聞いて、合流して帰宅。

54f65f58s

ここからは軽く別件。
軽い熱中症になったんだろう、それから二日ほど頭があがらず苦しんだが、
・・当日の夜、へたばって寝ているとズンズンズン、って太鼓の音。
盆踊り? それとも花火?
まさか昼間の沖縄勢の激しい応援の幻聴?

窓から外をみてもよくわからない。
月が赤くて、あかるくて。

東海大相模の選手たちの悲しみで濁ってるのかな、って思いつつ。

しばらくしてもやっぱり・・ズンズンズン♪と太鼓の音。

熱中症の幻聴じゃない。下の階からきこえてくる・・?

どうやら太鼓の達人かなにかのゲームを、下の階の子供が楽しく遊んでいるってオチだった。
ちゃんちゃん、じゃなくって、ズンズン♪

F77fe1bbs

甲子園の夕方の風はさすがに涼しいものがあったケド・・
・・まだ夏はおわって・・ないよね。

| | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

甲子園に行ったよ 2

甲子園の決勝戦を見にいけたのは、吹奏楽で閉会式に参加した三男に切符を貰ったから。
顧問の先生にいただけたそうだ。ラッキー。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

甲子園、以前から行きたいなあ、って思ってた。
次男も吹奏楽で参加して、そのときはほら、2006夏 早稲田実VS駒大苫小牧 だった。
閉会式目当てにテレビ観戦しててハートに直球ストライク。

で今回も、閉会式目当てですよ。
「やめとけ。暑さで死ぬぞ」
とオットはとめてくれたんですけど事実、軽く死にました。

オットが自動車を出してくれることになって、甲子園周辺の航空写真で駐車場をチェック。
球場のお隣さんにスーパー・ダイ○ー(ダイソーではない)があって、駐車場も充実してるっぽいしここに停められるかも、って見切り発車。正解でした。
屋根付き駐車場に車を停めオットとバイバイ。わたしは球場へ。

球場についたとたんものすごい歓声が。
はやる心をおさえつつ売店でまずはお買いものチェック @オバサン
「甲子園まんじゅう」買いたかったケドこの暑さで腐るかも、ってスルー。
帰り売店は長蛇の列。結局買えず心残り涙

息子にもらった券は「三塁特別自由席券」 10・11号入場門 ご招待(非売品)でございました。
席は全席販売完了のさなか、球場のまわりにたたずんでる方々をしり目に入場できるのがひたすら申し訳なくって・・

阪神甲子園球場前には朝から大勢の観客が詰めかけ、行列は一時、100メートル以上離れた阪神甲子園駅近くまで達した。午前8時10分には徹夜組94人を含む5650人が並び、大会本部は混乱を避ける意味から午前10時の開門時間を同8時35分に繰り上げた。

 さらに人出が増える状況が見込まれたことから、大会本部は試合開始前の同9時に、スタンドに入場できない可能性を知らせる「満員通知」を出す異例の措置をとった。

後ろめたい気持ちを残しつつ球場に入ったとたん、すごい歓声、歓声・・
大量得点の最中だったんでしょうね。
席を確保しマウンドに目をやったらさすがに全身びびび、でした。
これが甲子園か。映画で見る古代ローマの格闘場さながらの闘いだなあ、って。
それぞれの本分を必死になってまもってる高校生諸君に頭がさがりました。

ちょうどうしろの席の方々がどうやら神奈川か金沢のモト野球部員だったらしく、ものすごい蘊蓄を披露しあってくれてテレビの野球解説そこのけでした。
123(ひふみ)投手、かわいそう。がんばれ。
交代要員いないのかな。
そんなことないよ。
・・3塁側は東海大相模の陣営で、青いグッズをもって応援してる人が多く、自然とわたしもこちらを応援。
ひふみ、って名前。高校時代の友人がそんなペンネームで漫画描いてたんですよね。
絵も物語もすごくよくって、どうしてるかなあ・・
って思い出しがてら。

・・なにがあっても坦々と投球練習を続ける控え投手。
彼らが一度監督のほうを振りかえったことがあり・・
それでも投手はかわらないままで・・

・・投手、次の回でかわってました。
「怪物江川だ」ってうしろの方々の突っ込み。
残酷だなぁ、って思いました。

それにしても・・
昭和60年選手権大会・2回戦 :東海)藤原安弘、安達政広 (PL)桑田真澄、井元秀人、小林克也、清原和博
東海大山形 . 001 000 015=07
P L 学 園 . 254 362 52X=29
をつい思い出してしまう。
今回の東海大相模(神奈川)―興南(沖縄)もなかなかどうして。
ひふみ投手。あなたは悪くない。呪うべきは「東海大」って名前なんだ。
って、応援団が演奏する校歌を聞きながら思いました。
(さすがにこの状況で挽回は無理だってことだったのか、途中で校歌らしき曲が鳴り出した。気の毒で悲しかった)

反対に沖縄勢のはっちゃけぶりはものすごくって。
あいつら泡盛飲んでる。ぜったい飲んでる。
って後ろの解説員がw

ビールにジュースの売り子さん御苦労さん。
買いたかったケド凍ったお茶持参組だったんで。
この暑さ、体調崩した観客も多かったんじゃないかな。
射るような売り子さんの目、あれは観客の体調も見張ってるんだとおもいました。

で、目的の閉会式。
いつの間にか吹奏楽団+合唱団入場。
うちの子は遠いけど、持ってる楽器ですぐにわかったw
いやー、晴れ姿だな。ちゃんとユニフォームにアイロンかけてわたしといて、よかった。

・・続きはまた(おい

2c76d7ffs

どっかで拾った一枚。どこの駅かな。

| | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

甲子園に行ったよ(高校野球決勝戦)

この暑い中、甲子園の高校野球の決勝に行ってきました。
耽美と頽廃と怠惰の3Tが身上のわたくしが、まぁなんという変節を。

・・そのためでしょうか。13―1というまためったにない試合を見てしまいました。これってわたしが悪いのか?

興南(沖縄)が東海大相模(神奈川)を13-1で破り、史上6校目の春夏連覇を達成した。沖縄勢の夏の甲子園優勝は初めて。

 0-0で迎えた4回裏、7安打を集め7点を奪い先制。6回にも我如古盛次内野手(3年)の3ランなどで5点を追加し試合を決めた。エース島袋洋奨投手(3年)は1点を失ったものの冷静な投球で完投した。

レポはまたのちに。
やはり・・あの暑さに軽くやられたみたい。
保冷剤を身体にまきつけ、帽子をかぶり、塩と飲み物をふんだんによういして球場に臨んだものの・・
頭痛がいたい。ガンガン痛む頭に「変なおじさん♪」の曲が鳴り響く。ブブセラならぬぴーぴー響く指笛に踊り狂うひとびとのまぼろしが見える。時計回りでビックウェーブが押し寄せてくる・・

・・しばらくコメント欄を閉じます。
承認式にしたものの、へんな業者のコメントが多いんで。

|

2010年8月 8日 (日)

貧血

昨日の甲子園入場行進、
三男が吹奏楽で参加。

30分前からNHKでスタンバってましたが(「ゲゲゲ・・」を見てたんで)
8時59分になってもまだ現地中継してくんないんで、ようやく変だと気づく。
あわてて朝日放送にチャンネル切り換えると・・はじめてた!・・ファンファーレの前の曲!!

9時きっかしにファンファーレがあって「すごいなあ・・」と。
あとで聞いたがやっぱり「選ばれし者たち(三男談)」だったって。
ちなみにあの子たち・・ファンファーレに命かけてて、それだけで、あとの行進のときは椅子に座って待機してるんだって。ふーん。

で、入場行進の開始。選手そっちのけで画面にかぶりつく。
NHKと朝日放送を交互に見てたけど、次男のとき同様 (わたしはそういう意味で甲子園出場兄弟の母なのである)、やっぱり朝日のほうが少しは多く映してくれたような気がする @吹奏楽団
うちの子もしっかり、画面に映ってて大満足!! 
・・元気そうに頑張ってる!ってつい涙ぐむ笑

実はこの暑さでしょ? 困ってないか心配で。
・・こんな場所で倒れたりして、こんなことになったりした画像が脳裏から離れなくて・・


C23401f7

エリザベス女王の誕生日を祝うパレード「Trooping The Colour」の光景かな。
倒れるイケメン近衛兵ウヲッチがひそかな名物とか。
「倒れても陛下にいただいた銃を離しませんでした」
って上官にあとでほめてもらうって・・ホンマかな。

で、吹奏楽員たち。
この暑さでしょ、体調崩す人、多いでしょ?
って聞くと、リハ@前日 ではさすがに多かった、って。

うちの子もリハのあと、本番を控えた夜は甲子園の近くに宿泊した。
で、うちのアホ男はたぶん夜ぴいて仲間とバカ騒ぎして、早朝待機だろうから睡眠不足で貧血おこすんじゃないかと。

もちろんそうだったって。正直つらかったけど、でもなんとか気合で演奏したって。よかった。

三男は楽器レンタルしたからだからだろうけど、絶対に地面に置いたり落としたりできないから、そのせいだろう、気分悪くなった子も、楽器をほかの人に渡してからぶっ倒れたりしてた、って。

選手はさすがに元気で、この猛暑でも、
「あいつらが倒れたりなんかしねーよ」
とか。そりゃそうだ。

ちなみに某北海道代表はたぶんみな180越えだろう、すごかったってことです。
・・ちなみにイギリスの近衛兵さんたちのあの帽子は、クマさんの毛皮だそうです。

お役目を果たせたことに安心して、涼しい部屋でTVウオッチしてただけなのに、倒れそうになったおかあさんでした。


・・ちなみに。
あの暑さのなか、みなすごい汗で、係の方がタオルでみんなの顔をせっせと拭いてまわってくれるのはいいけど、次男のとき同様、やっぱり同じタオルをつかいまわしてたって。わお。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

?呪い?

オリンピックには魔ものがいる、ってのはよく言われるせりふだが。
虚構新聞」ならともかく誤訳でなければエイプリルフールネタでもなく、大衆紙じゃないってのも本当だろうか。

韓国メディア「ヨナは日本のコーチから呪いをかけられていた!」3月30日13時8分配信 サーチナ    ここ

全文は最後にのせるが(なんか速攻で削除されそうだし)ありていにいえば
バンクーバー五輪の開催期間中キム・ヨナ選手が安藤美姫選手のコーチを務めるモロゾフ氏から呪いをかけられていたと韓国の中央日報が報じたと中国のヤフースポーツが伝えた。
ということ。

「モロゾフコーチはフィギュアスケート界では有名な祈祷師である」だの、浅田真央ちゃんのタラソワコーチもモロゾフコーチ同様「相手選手の髪の毛や気に入っている物に呪いをかける」だの、だからキム・ヨナは常々「自分の持ち物から絶対に目を離すな。髪の毛ですら注意を払わなければならない」と注意されていただの、まさかというかやっぱりそのネタがあったかといいたくなるようなオカルト誌某ムーさながらの絢爛豪華、もとい魑魅魍魎っぷり。

モロゾフ氏は「キム・ヨナ選手が練習をしている最中にリンクに姿を現し、大声で何かをつぶやいて」「キム・ヨナ選手が失敗するよう呪いをかけていた」、なのはともかく「安藤美姫選手が競技を行っている最中はいつもリンクの外で何かをつぶやき、安藤美姫選手が良い成績をおさめることができるよう念じている」のはOKではと思うのだが。
しかし大声でなにかをつぶやく、ってのはアリなんだろうか。大声なのかつぶやくなのかどっちかにしてほしいところだが。
見出しの「ヨナは日本のコーチから呪いをかけられていた」というのもなんとかしてほしい。ロシア人たちが呪術してるって噂があるだけでしょ? 日本人選手は一切関与してないんだし噂がたつだけで迷惑。

しかし呪い疑惑か・・
ドーピング疑惑・性別疑惑につづく第三の疑惑に発展するんだろうか。

なんとなくあつめた画像集。
キム・ヨナ怖い。武器、ひとりだけ持ってるし(バキューン、じゃない)
A97f1033s

そんでもって・・これもなんだか。頑張れ真央!
14e9cb0bs

男子版。信成は靴の紐が切れた!ってのもあるんかな・・
597af30bs

タラソワコーチ、美形すぎます。
48085_200812152153502425_1

そんでもってこれ、最近話題になってたらしい・・悟空キム・ヨナ、ベジータ真央。
真央ちゃんの額のMがツボ。これもタラソワが素敵すぎます。だれか翻訳してほしいです。

A432a343

追加:翻訳されてました。

222話 「消えた月」


ヨナ「努力で超エリートを超えられる事を見せてやる!」

ヨナコーチ「ヨナの勝利だ・・・」

マオコーチ「マ・・マオ・・!早く大猿に変身するのよ!」

マオ「わ・・・私は超エリートだ!あんな下級戦士に負けるわけがないっ!」

(すみません・・意味不明すぎて突っ込みようがありません(´・ω・`)ショボーン)


で、実写版。懲りすぎです。もはや魔物の戦いです。これじゃタラソワ、魔女の鍋でなにか煮てるっていわれても違和感ありません。
D65b0e43

表紙? 全2ページらしい。もっと読みたい。真央のデフォルメ、ベジータが好きだから許す。
35381e38

でもやっぱ真央ちゃん。努力と誠実さで逆境を乗り超えた慈愛にみちた気品と美しさはこのひとに似てたから?
Af86b614c8a7faf4551f27a43a8c20b4

+記事全文+

 

韓国の中央日報がこのほど、「金妍児(キム・ヨナ)選手が日本選手のコーチから呪いをかけられていた」とする文章を掲載した。中国のヤフースポーツが伝えた。

 キム・ヨナ選手のコーチを務めるオーサー氏はいつも、キム・ヨナ選手に対して「自分の持ち物から絶対に目を離すな。髪の毛ですら注意を払わなければならない」と語っていたという。この言葉は一体何を意味しているのだろう。

 記事によると、バンクーバー五輪の開催期間中、安藤美姫選手のコーチを務めるモロゾフ氏が、キム・ヨナ選手が練習をしている最中にリンクに姿を現し、大声で何かをつぶやいていたという。記事では、「モロゾフコーチはキム・ヨナ選手が失敗するよう呪いをかけていた」と報じた。

 続けて、「モロゾフコーチはフィギュアスケート界では有名な祈祷師である」とし、安藤美姫選手が競技を行っている最中はいつもリンクの外で何かをつぶやき、安藤美姫選手が良い成績をおさめることができるよう念じているとした。

 さらに記事では、浅田真央選手が今季限りで師弟関係を解消する予定のタラソワコーチもモロゾフ氏と同様の方法で相手選手を呪うと報じ、「彼らは相手選手の髪の毛や気に入っている物に呪いをかける」とした。キム・ヨナ選手のオーサーコーチが「自分の持ち物から絶対に目を離すな」と語った意味はここにあるという。(編集担当:畠山栄)

+番外+

日帝呪いの杭(字幕つき)

どうみても誤訳かホットペッパーのCM並の操作してるんじゃね?ってレベルのおはなしなんですが。
思いっきり謎。

http://www.youtube.com/watch?v=Rg1MGVlZAcM

雪のなかしんしん祈る祈りから呪ひにかはるはたやすくあらず  みほ

・・短歌人のweb歌会には出せんなぁ笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

次男の甲子園出場@吹奏楽 3

熱闘甲子園、37年ぶりの再試合はいいけれど、まぼろしの閉会式のためにずんどこずんどこ延々と場外で待機させられてた次男@吹奏楽団員たち
昨日は無事閉会式が挙行できてほっと一安心。(視点が違う

・・というわけで、いつはじまるかわからない開会式を待ち、試合を見始めて急遽、わたしもなってしまったにわか早実ピッチャー斉藤佑樹ファン。
クールな容貌クールな投球、それにチャンスにあっても危機にみまわれてもとことん表情をかえないクールな姿にハートはドキューン。
かつてハマッた昼ドラ「貞操問答」でひたすらかっこよかった謎の運転手・杉山になんだかとっても似てるんじゃないかしらと、画面を見つめる目は勝手な妄想ざんまい。

サイトーサイトーってわたしがあんまり騒ぐから家族はみんなウザがって。
どれ?こいつ?、って長男が指し示したのは駒大の田中。
「おまえ、ママのタイプがわからんなんて、ママの子供何年してるねん?」
って、ごめんね田中投手。(でもキャプテンの本間だったか本田だったか。メガネくんもタイプ)

さて斉藤投手。
韓流スターにほれ込むオバさまの心境ってこんなのかしらと思いながら?、と思いつつ応援し続けて・・
再試合のとき最終回ギリギリのところで2点とられたその直前も画面をうっとり見つめていたものだから、
・・よこしまな目で見つめていたからこうなっちゃったんだわ。
いけないわたくしを許して。
真剣に反省してみたり。

で、閉会式に出場した次男。
「早実1番、なま斉藤をその目で見てきて(はぁと)」
ってしつこく頼んでおいたのに・・
「吹奏楽団のすぐ横にいたけど、オレそんなに視力よくないし、みんな丸坊主だろ。見分けつかんかった」
ってあっさり。
おもわず逆上。

+

「甲子園の土」、あの状況でどうやって掘れたのか謎ながら、次男、小袋にいれて持ってかえってきました。

おおー。

って家族でもてはやしましたとさ (斉藤投手が踏んだかもしれない土だし)

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

うなぎ

お盆の疲れが今頃でたのか、昨日は一日、寝込んでいたといっていいほど、眠り込んでいた。
朝、模試の長男を送り出して眠り、ほかの家族の朝ごはんを作ってお昼を作って眠り・・
お昼過ぎ一度電話があったが、それは三男を連れ出して出かけてった夫が
「玄関の鍵を閉めとけよ」
と注意してきたものだった。
泥棒さんがきても気づかないってのはこのことで、
長男がかえってきても・・
次男が帰ってきても・・
まるでご存知なくって。
さすがにこれではいけないと夕方起き出して買い物に出かけたものの・・
冷麺なんぞを作ってても意識は朦朧、ってかんじで。
後片付けのあとまたふらふらと寝に行き、そのまま眠ってしまった。

+

元気がないのはスタミナ不足だからだろうってわけでお昼にウナギを用意していたが、
三男ならびに旦那。どっかへお出かけ。
長男、またもや模試。
次男、甲子園閉会式@吹奏楽部。
ってことになり、せっかくのウナギ、
長男はお昼のお弁当に。
次男は朝ごはんに。
って、ことになる。
わたしはというとなにも食べたくない気持ちで、それでも二切れほど、ご飯に冷たいお茶をぶっかけて食べてみる。
おいしかった^^

+

いよいよ決勝戦の熱闘甲子園。
次男はビニールの小袋を持っておでかけ。
あこがれの「甲子園の土」、果たしてあの満員監視の閉会式に曲を演奏する間をぬって、無事掘ってかえってこれるかどうか。
お手並み拝見というところ。

+

・・しかし150人ほどの楽団員。
決勝戦の間どこにいるんだろう。
白の帽子、白のシャツとズボンって格好で演奏するんだけれど・・
閉会式まで外で待機? それとも試合、見せてくれるの?
気になる(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

次男の甲子園出場@吹奏楽 2

昨日の甲子園開会式・・
高1の次男は演奏にホルンで参加させていただいていて、
トランペットのファンファーレですでに鳥肌!
「大会行進曲」が演奏された瞬間から号泣モード・・
この炎天下、画面に映る選手たちのむこうで、うちの子やその友人たちがいっしょうけんめい、すごい勢いで演奏を続けているんだとおもうと、
南極基地をはじめ全世界、衛星放送で宇宙まで中継されてたとおもうと・・(たぶん
なんだかわけのわからん感動に突き動かされて、テレビの前で涙、ポロポロでした。

+

某NHKより某朝日放送のほうが、全体図というか、三塁側に並んでる約150名の吹奏楽の面々をときどき画面でかすってくれたりして、そのたびに目を皿!にしてました・・
すると・・

この暑さですものね。万一のためでしょう、係の方がいて、楽団員の顔をふきふき、してました。

汗っかきの子っていますものね。見ると集中的というか、かかりきり、って感じの子もいたりして。

・・うちの子もすごい汗っかきですから。きっと係のひともびっくりしてるだろうなあ、と思ったり。

10時に開会式は終了してほっと一安心。というか全精力使い切る(笑

+

いつ帰ってくるだろうとおもってると、お昼過ぎには帰ってきました(早っ!
わたしの前日からの湿疹がすごいことになってるのに驚くから、
「あんたの活躍を全身目にして見守ってて、こんなんになってもた」
おかげで妖怪百目ばばあや、と。

それはさておき。

・・さっそく質問攻め。

「汗ふいてくれるひとに、集中的にねらわれた」
「タオルは一枚」 ← 仰 天
「行進曲はぶっとおしで20分はかかる。そんなん無尽蔵の体力ないと演奏しとおすことなんかできひん。途中やすみやすみ、吹いた」
「リハーサルのときは倒れそうになったりしてる子もいた」

曲名は「栄冠は君に輝く・大会行進曲・ツェッペリン伯爵行進曲・君が代・得賞歌」
「・・ツェッペリン伯爵行進曲は、楽団員の入場のときに演奏した。演奏しながら場内を半周ほど行進したんやけど・・テレビに映ってないのんか」
「栄冠は君に輝く、のコーラスは、こっちにはぜんぜん聞こえん」

「甲子園の土? もって帰ってる子とか、いなかったなあ。今度行ったら持って帰ってくるわ」

あ・・いや。「今度」はないと思うけど。

+

開会式用に支給された帽子、シャツ、ズボン・・
ズボンのおしりやすそが少し、土で汚れてた。
座って待機、ってこともあったらしくって・・
・・甲子園の土だね、と。

・・今朝洗濯するのがもったいなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

プレ熱闘甲子園初戦校

・・タイトルそのままざんす。

さっそく始まるってわけで、高校三年生あたりはもうこれが最後だから、って、愛校心ゆえの集団エスケープの計画があるんだとかないんだとか。

ところがさすが、学校側も事前に情報をキャッチ。

さーて。どうでるか。とゆーのが昨日の、

・・おほほほほほ。

なPTAお食事会(!)の話題のひとつでもあったり、した。

うちのアホアホ三兄弟はみんなそろって同じ学校にいってて、そのうち下ふたりは吹奏楽部・・

兄弟で同じクラブで先輩後輩なんてウザくね?って思うんですけど、いたって楽しいらしく・・

それはさておき、高校野球の華、応援合戦にかりだされるってわけで・・

そうそう。うちの学校の吹奏楽部、本命の野球部に先立ち、一足さきになんとなんと・・

甲子園出場決定

したそうなんです。わーい!!

そう。入場行進のときなんか選手のため延々と演奏してるあの楽団員もまた高校生で・・

たいした名誉ざんす。

楽譜はまだ届いてないらしいんだけど・・

届けば親も子も号泣間違いなし?な、チト興奮モードざんす。

で、タイトルの「熱闘甲子園初戦校」のおはなしなんですが・・

相手校のメンバー表ってのかな、ウワサを聞いてボーゼン。

メンバー9人中、7にんがみな同じ姓。

・・・・・。

しかも監督も、同じ姓。

・・・。

理科室で培養されたクローンでもなく・・

全員が同じ名前、って村の学校みたような山深い田舎でもなく・・

・・甲子園というか、高校野球のアナウンスってばいつも一種独特のアノ

「~~クン」

でしょ?

「ピッチャー。アダチくん。キャッチャー。アダチくん。」

「・・アダチくん。アダチくん。アダチくん。」

(あ、これみんないちおう、仮名ね)

・・・。

新手の心理戦か?

とゆーわけで、ちと不安モードなうちの学校ざんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

人の手の中に

WBC、どこで誰となにをしながら見てた?
ってのがこのごろの話題ってもんだが・・
そりゃ視聴率が50を突破したとかいうんだもん。国民の半分がテレビをつけ、もう残り半分はよその家のテレビをいっしょに見てた、ってことになっるかも、というかんじで。

・・うちも実は物置を末っ子の部屋に改造する工事中で。
部屋がなくってね。クローゼットに寝るのってもドラえもんやら階段下の物置に住まわされてたハリーポッターみたく出世できていいかもと説得したんですけどね、「児童虐待か」と当人に却下されちゃって。
まったく最近の子供は夢がない、とw

それで当の末っ子の友達のお父さんが大工さんをしてるのを思い出して・・
無理に頼んで仕事をお願いしたわけ。
ええ、WBCの決勝戦の日に申し訳なくもトンテンカンテンしていただいて・・
あんまり申し訳なくって9回のオモテぐらいからお茶の時間にしていただき、みんなでいっしょにわあわあ、観ましたw

なにしろイチロー。立ち姿だけで絵になるひとですからね。準決勝の対韓国戦でしたっけ、豪雨のなかに立つ姿の格好のよさにはしびれました(ぽっ
王ジャパンのメンバー、もちろんえりすぐりなんだろうけど、松井が出なくて良かった。イチローが叫びイチローが怒りイチローが燃え・・WBCの王ジャパン、イチローオンリーだから勝てたんじゃないかな、とかね。

・『久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬかも

あはは。先日の王ジャパンの勝利を祝いて子規の作れる歌、なわけないけれどw

・『国人ととつ国人と打ちきそふベースボールを見ればゆゆしも
競技が国内ばかりでなく、外国人相手をもするやうになつたことを歌つたもので、随筆に、『近時第一高等学校と在横浜米人との間に仕合(マツチ)ありしより以来ベースボールといふ語は端なく世人の耳に入りたり』云々ともある。・・・と書いたのはかの斎藤茂吉。
子規と野球」斎藤茂吉 

しかし結句が「ゆゆしも」ってのもゆゆしい。・・お熱、相当ですなぁ 

打ち揚ぐるボールは高く雲に入りて又落ち来る人の手の中に
の結句『人の手の中に』はベースボール技術を写生したのであつた

ということだけれど・・
なるほど、これが写生か、なんてね。
写生って本当によくわかりにくいところってあるけど、
「人の手の中に」ってのはいい視点というか、心にすとんって落ちてくるっていうか、しみじみくる。
選手、って言葉の「手」というのもなるほどね、というか。

それにしても「ボールは高く雲に入りて」って、まんま写生なの? 
もちろん子規が詠み茂吉がいうんだったらぜったい間違いないとはおもうけどさw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧