« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月10日 (月)

ヤマトとか二百三高地とか最後の忠臣蔵とか

お正月に映画でも、ってわけで観にいったのが「宇宙戦艦ヤマト」。
いろいろアレな評判を聞いてしまい、でも伊武雅刀がデスラー総統として登場しているって聞いたんで、ってそれだけで観にいったんです。

ええデスラーさまのお顔が拝めたんでそれだけで満足しました。例のお顔のお色も水色っていうか、水の色ってのもアリですし。

ただアナライザーが最後に戦闘ロボット化してたのはちょっと・・
アナライザーは間に合わない分析とツボをはずした助言がナンボであって、
本来勤務時間中にお酒は飲むは森雪限定でセクハラはするはのトンデモではあっても、たとえ敵でも、敵がどんなバケモノであっても、本来アナライザーは人殺しはせんと思うんよ。

酒は飲まんしセクハラもせんけど、大量殺戮しちゃうアナライザーは違うと思うんよね。

まぁ今回のヤマトを叩いてるひとは
「自分はこんなことを知ってる」
ってことを自慢したいひとが多いと思うんだけど、ね。
大枠で世界観は踏襲してると思うし、リメイクされるたび劣化してる今までのヤマトに比べると原点に戻ったというか、ヤマトへの愛は感じられたというか、
マシじゃないかとは思う。  (断言

その夜、口直しってわけでレンタル屋さんで借りてきたのが「二百三高地」w

いえ、「坂の上の雲」を観ているうちに辛抱たまらんようになってきて、ってわけ。
やっぱ違うわ~~感動やわ、って家族で映画鑑賞会を楽しみつつエンドロールでびっくり。
監督は舛田利雄だった。
・・というか、名作「二百三高地」も昔ムカシのアニメ版「宇宙戦艦ヤマト」も、監督は舛田利雄だった。

日本映画はときどきこういうことを平気でやってくれるから驚く。

で、昨日わざわざ赤穂までいって観たのは、「最後の忠臣蔵」。こだわりすぎw
わりと年配のお客が多くて、なかには後期高齢者というか「最後の忠臣蔵」が忠臣蔵の最後、って冗談が洒落になんないような方々ばかりで、わくわく感が半端じゃなくて。
AKO47+1でAKO48のステージ登場を待つw

「てっぱん」で家出妊婦が産んだ子を娘として立派に育てた安田成美が、こっちでも出自不明の赤ちゃまを立派に世話する元夕霧太夫としてご出演。

そんでもってこっちでも伊武雅刀がなんでもすべてお見通し、な進藤長保として大活躍。
総統~~!!ヤマトでももっと活躍してほしかったよ~

でもさっすが忠臣蔵の本拠地よね。もともと
「さあ、思う存分泣いてください」
って映画なんだけどさ、元赤穂藩士の云々かんぬんってなると周囲のそこかしこから話し声や泣き声が洩れてきて、終わりにさしかかるにつれてもうすごいことになってしまい、ここはどんなお通夜かと。てか隣で観てた夫(地元出身)も半分号泣状態で、涙ぼろぼろ声を必死んなって押し殺してんの。

とてもおっかしかったでした。おわり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

あけましておめでとうございます。

年賀状買っていざ印刷、というときにお約束のように行方不明になってしまい。

いざいざ印刷、というときに、お約束のようにデータが全部消えてしまっているのにびっくりしてみたり。

こんどこそ印刷、ってときに画像があまりに変でまた最初からやりなおし、ってこれもお約束のひとつか。

ってわけで年賀状、やっぱり間に合いませんでした・・
いろいろ今年も苦労しそう。

お年始のお祈りはというと、
「来年も家族で無事、お参りできますように(謙虚)」
って、つくづく、思うことのいろいろがありまして。

Nennga23

↑これがその、没原稿

鳥獣戯画の画像を処理してこさえた力作なんだけど、なんだか失敗しちゃって。

Cc0511

↑これも鳥獣戯画から。うさぎさんたち。
なにを狙っているのかな。

いいことあればいいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »