« 通過 | トップページ | 甲子園に行ったよ(高校野球決勝戦) »

2010年8月12日 (木)

マイマイ新子と源氏の魔法

「マイマイ新子と千年の魔法」DVDで見る。
父清原元輔が国司として赴任した防府時代の、清少納言の童女姿が見られるっていうんで、ぜひとも!って感じだった。

マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]DVDマイマイ新子と千年の魔法 [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2010/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

物語は昭和30年代。青い麦畑のひろがる国衙跡の遺跡の周辺に住む古い村落の人々と、昔は青い海だったという一帯に進出してきた工場の社宅に住む新興の人々。
知り合う前に死んでしまった遊び相手に恋焦がれる千年前の少女と、そんな彼女に思いをはせる千年後の少女たち。
時空を超えて彼女たちが交わることは決してない。清少納言はまだ自分が何者かに気づいてはおらず、遊び相手の女の子と遊ぶつもりだった人形の着物をつくり、着物の切れ端を川に流す。千年の時を流れ赤い切れ端は金魚になり、千年後の少女たちの心の慰めになる。その金魚もやがて死んでしまうが・・というようなお話か。

絵の美しさはジブリの「トトロ」だし主人公の妹なんかリアル「蛍の墓」の節子だし。
でも、どこがいいって時々挟み込まれる清少納言の周辺の世界がいい。
元輔さま!は和歌を披露してくださるし、
土豪?のおじさまはいい味だしてるし。
これは枕草子のあの場面、これは更科日記にありそう、もう一息で堤中納言物語だ!、いや~この場面はどうみても源氏物語だぞ! こうきたかっ!、
って感じで、私としてはそういう場面を映像で見ることができ大大満足。

・・清少納言や紫式部を思うとき、こんなふうに彼女たちも千年後のことを思ったりすることあつたのかな。
そんなことを思った一編。

もちろん見どころはこんなところじゃない、もっと別なんだけど。
たとえば昼のつつましく勤勉な大人たちが、一方で我欲にまみれ情け容赦なく醜い姿をさらけだす、そんなエピソードのあれこれなんか、ジブリには不可能だろうな、って思う。

麦畑でひとりで「潜水」したり、落ちた川の底から青空を眺めたりする主人公の姿が忘れられない。
物語にはさまざまな「死」が繰り返し描かれているが、それらの「死」にさきだって、「死」を志向しているかに見えるこの主人公の遊びの場面は強烈に美しい。

ま、主人公が高樹のぶ子自身だとしてそれはいいけど、主人公が清少納言と心をかよわすイメージの数々がちょっと・・
・・清少納言の後継者はわたしよっ!
って意味じゃないよね、もちろん。

生田斗真の光源氏で「源氏物語」をするらしい。
ワイヤーアクション・・? CG使うって・・?
え?安倍晴明 も出てくるの・・?

・・陰陽師や怨霊なんかとばったばったと戦いまくる光源氏って。

・・まんま「パタリロ源氏物語」じゃん。
それならそうで、やれんならやってみんかい!って感じだけど。

パタリロ源氏物語! (1) (花とゆめCOMICS (2718))

買ったきっかけ:
・・長男がひそかに買ってた呆

感想:
魔界の闇の勢力VS光の源氏
源氏をバンコランがするのはいいけど、アスタロトを出してほしい。

おすすめポイント:
一人でかっこいいサルガタナス。
あいもかわらぬベールゼブブの負けっぷり。
頭中将のファンのわたしとしてはちとつらい感のあるヒューイット(でも好演)

パタリロ源氏物語! (1) (花とゆめCOMICS (2718))

著者:魔夜 峰央

パタリロ源氏物語! (1) (花とゆめCOMICS (2718))

|

« 通過 | トップページ | 甲子園に行ったよ(高校野球決勝戦) »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

それはぶっ飛んでますね、源氏物語。清少納言はもっとやんちゃで(その当時にしてはやんちゃが過ぎるのか?)ってイメージがありますが。

パタリロ本編のことで昔話。妹が中学生のとき、私は高校生でしたが、肩を褒めまくってもんでもらっているとき

「なあ、お姉ちゃんはパタリロ好き?」
「嫌い!」
「おかしいなあ…パタリロの好きな人は頭がいいってみんないっとるよ。」

たとえ頭がどういわれようと嫌いなんじゃ、理由なんかない!

今度は妹に突如発生した白髪を抜いている私でした、痛かったかも。妹、ごめん。

投稿: ゆふ | 2010年8月13日 (金) 15時37分

ちょっと込んでいますので、私の返レスはひとつだけにさせてください。

生田斗真の源氏は・・どうでしょうね。
いろんなひとが源氏をやってますよね。
伊丹十三の源氏、ってのもあるらしいです。30分番組でドラマ化されてたっていうことです。大河ドラマだったらどんなでしょうね。

投稿: みほお | 2010年8月18日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイマイ新子と源氏の魔法:

« 通過 | トップページ | 甲子園に行ったよ(高校野球決勝戦) »