« まぼろし | トップページ | 間違い電話 »

2010年6月13日 (日)

マシンハヤブサ

「はやぶさ」がもうすぐ地球に帰ってくる・・

ってグーグルトップ絵も「はやぶさ」
Hayabusa10hp


「こんなこともあろうかと」、という宇宙戦艦ヤマトの真田さんの名台詞を公共の電波つかって堂々公開したNHK「クローズアップ現代」の特集で火がついたというか、ここ数日小惑星探査機「はやぶさ」関連のニュースから目がはなせない。

これはたぶんTVゲーム版ヤマトですね。うちにもありました。
Sanada

で、ついこんな動画に涙ぐんでしまうほどのヘタレぶり。



もうはやぶさは落ちているのか、のぼっているのか、さかさになっているのか、上を向いているのかも、わかりませんでした。ただこころもちはやすらかに、その血のついた大きなくちばしは、横にまがっては居ましたが、たしかに少しわらって居(お)りました。
 それからしばらくたってはやぶさははっきりまなこをひらきました。そして自分のからだがいま燐(りん)の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。
 すぐとなりは、カシオピア座でした。天の川の青じろいひかりが、すぐうしろになっていました。
 そしてはやぶさの星は燃えつづけました。いつまでもいつまでも燃えつづけました。
 今でもまだ燃えています。

ごめんなさい。宮沢賢治『よだかの星』のラスト部分の「よだか」を「はやぶさ」に置き換えました。
まだ泣いちゃいそうです・・


ハヤブサは 天に上り 飛び翔り 斎槻が上の 雀 取らさね
(日本書紀歌謡 60)

[対訳]強い鳥 ハヤブサよ 天高く飛び上がり 木の上に停まっている雀を捕ってよ

スズメじゃないんですけどね、大気圏突入のとき、「砂」も熱さで蒸発するんじゃないかなあ。
でもたとえ「砂」を持ってかえってこれなくてもはやぶさの価値は劣らないと思うよ・・

擬人化本 
102

おなじく涙の「ミネルバ分離」
105

てかはやぶさって・・なんでどの絵師も女の子仕様なの?
12578256250001s

わたし的にはやっぱこれしかないんだけどね。
Hayabusa

おなじこと考えてたひともいるんだなあ・・ってペタ

なんか有名になってるみたいなんで、とりあえずペタ

|

« まぼろし | トップページ | 間違い電話 »

ニュース」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マシンハヤブサ:

« まぼろし | トップページ | 間違い電話 »