« マシンハヤブサ | トップページ | あ゛ »

2010年6月24日 (木)

間違い電話

ちょっとこのごろよくないことばかりが続いているので、玄関の掃除でもして塩でも撒いたろかと。

ゴシゴシタイルを磨いてると電話が。
「そちら県のうんたらかんたらですか?」
完全なる間違い電話。
「・・違いますけど」
「銀の馬車道のボーゼ食べ放題ちゃうんですか?」

「ちがいますけどなんだか面白そうですね。それってなんですか?」
とつい。
「食べ放題ですねん。銀の馬車道、知らんの?」
銀の馬車道なら知ってる。お店の名前とかじゃなくて生野銀山産出の銀を運ぶ馬車道の名残・・前の勤め先の近くでそげな立て看板をみたことがあった。
「知ってます」といやみたらしく返事しがてらやっぱり気になる食べ放題。
ご年配の方らしいけど食べ放題って・・身体壊しません?
ってつっこみたかったけど、
間違い電話だってことを繰り返し繰り返し説明してようやく退散してもらった。なんなんだ。

ボーゼってのはたぶん坊勢港ってことだろう。
いまごろ何を食べ放題するっていうんだろう・・って調べてみたが皆目つかめず。

間違い電話さんがうちと間違えてた電話番号に掛けてみようかしら。

・・結局塩を撒くチャンスを逸する。ま、いいか。

むかしむかし。

○○病院ですか、って間違い電話をかけてきたおばあさんがいて、
違います、って答えたけど
「・・そうですか・・(どうしよう)」
って感じがなんだかすごく気の毒だったんで、
ちょっとまっててください、
って電話帳で急いで調べて、
ただしい電話番号を教えてあげたことがある。
喜んでくれたのはうれしかったけど、切羽詰った感じがとても気の毒な感じで、
どんな事情があったんだろう、って今も気になってる。

ゆふさりのひかりのやうな電話帳たづさへ来たりモーツァルトは 永井陽子『モーツァルトの電話帳』

るるるる・・・・・・と呼べどもいづれかの国へ出かけてモーツァルトは不在 永井陽子『モーツァルトの電話帳』

Anc143_org184651m

|

« マシンハヤブサ | トップページ | あ゛ »

短歌・俳句」カテゴリの記事

コメント

私のところはややこしいことに小学校五年生の同姓同名ちゃんがいたらしく(この部屋に〉引っ越してから約十年、振袖売り込みの間違い電話まで、続きました。

最初は「おかあさんいないかな?」〈そりゃあ実家とは遠く離れてるからいない〉

XXXXちゃんでしょう?XXXXですが…YY小学校の五年でしょ?もう私卒業しましたが〈大学も〉

狐につままれるとはこういうことです。

投稿: ゆふ | 2010年6月25日 (金) 18時54分

間違い電話

お年寄りの 食べ放題 というのが 関西弁とピッタリで
なんとも雰囲気がある
それに病院と間違えたおばあちゃんも 身につまされる

美頬さんのブログはいつも にやり としたあとに   
                  ほろり とさせられる

それに抄出の短歌がいつもピッタリで感じ入ってます

投稿: cadetk | 2010年6月26日 (土) 17時26分

PCを一週間触っていませんでした。すみません。

☆ゆふさま

お世話になった高校の先生に電話したら奥様に「あらぁ~みほおちゃん!?」って思いっきり教え子に間違われて動揺したことがあります。

変な状況の電話といえば、法事の最中に子供の塾の勧誘の電話があり、しつこいのなんの。
お経の音声を聞かせて退散していただきました。

☆cadetk さま

>抄出の短歌がいつもピッタリで感じ入ってます

永井さんが生きておられたら逆上されるのではないかと、いつもひやひやです。

永井さんの短歌はどんな状況でも立ってますが、今回、下の変な写真(リンクの氷でかき氷をつくらないでください)はしっぱいでした。


投稿: みほお | 2010年6月30日 (水) 21時41分

新婚の真夜中電話が鳴ったので

「もしもし?」「おねえちゃん、いまなにしとる?」「…(いうべきかいわざるべきか、それが問題だ、妹は会社の女子寮にいるのだが、電話していいのか?!)」

結婚式に新郎友人から貰った時計は毎時丁度にオルゴールが鳴るんですが、真夜中丁度にオルゴールが鳴って新郎、ぶちっとスイッチ切りました。

狐につままれた話パート2としては

間違い電話らしいんだけど、電話番号はウチなんだ、でも電話をかけている人はちがうとこにかけたいらしい、しかも企業らしい…

「からかうんじゃねえ!」って切られてしまうし。何度かかかってきて、最後そういう風なの。

投稿: ゆふ | 2010年7月21日 (水) 10時43分

迷惑電話、困りますよね・・

でももっとタチが悪いのが「悪意なき悪事」とでもいいましょうか・・

狐につままれたはなし、あります。
イナカ道を運転してて無人の押しボタン式の信号の横断歩道前で待てどくらせど10分間。
さすがにキレて進行方向側の押しボタン、車を降りて押しにいきましたよ。
ふとわれにかえって大悪寒。
稲荷神社の正面だった。
真夏の夜の物語です。コン。

投稿: みほお | 2010年7月21日 (水) 11時21分

いたって合理的、しかもガキ大将だった父も、このごろはその手のことを迷信だと思うのは、ちょっとな、と考えるようです。


無論古稀を迎えた父とみほおおねえさまを一緒にはしませんが、私もそういうものがあるのではという気はするので。

投稿: ゆふ | 2010年7月21日 (水) 13時26分

・・とりあえず謙虚に生きることは大切かな、と思う昨今。結局おそれてた事態が起こってしまったし・・塩をまかなかったせいだと思います。

投稿: みほお | 2010年7月22日 (木) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違い電話:

« マシンハヤブサ | トップページ | あ゛ »