« 掃除機 | トップページ | ヤフオクにでてた »

2010年5月 8日 (土)

羽根の手紙

連休のアタマに大学の入学式に出席して以来、なんだか気持ちがざわついて困る。
あれは自分の人生と思えないような、たのしい経験だった・・☆さまありがとうございました。

で、帰ってきてからあいかわらずの現実とのギャップに苦しんでるわけ。英語、あいかわらずわかんないし。

まさか五月病・・?って疑うもまだ保険証ができていないので病院には行けず。

「心霊体験、あるでしょ? というか、そういう能力を持っているんじゃ・・」
っていつぞやマジに診察で聴いて来たお医者さん、そういうわけで行きたいんだけど行けないんです。けっしてヤブ認定してるわけじゃないんです。本当です。

人間的にアレな人からトンデモな被害をうけたとき、
人間的に修行ができてないあわれなひと。前世は畜生で、だから魂がまだ人間界に慣れてないのね。
って思う、ってはなしを昨夕、オットから聞いて、
畜生だなんてひどい! 先年飼っていた「ちぴこ」〈←カワラヒワ〉は賢かった。あんなにかしこい、かわいい、ひとのこころがわかる小鳥はいなかった。
ってつい声を荒げてしまった私もわたしだが。

・・けさ、掃除をしてたらいきなり部屋の隅におちてた「ちぴこ」の羽根はっけん。もう二年もたつのに。

D481795bs

〈↑の浮世絵はセキレイだけど、窓から見える藤がみごとなんで。よく似てるし。尻尾、ながすぎるけど〉

・・今もまだ、ときどきこういう風に、羽根やら糞やら見つけることがある。
糞は掃除するしかないが、羽根は見つけるたびにちいさな箱に集めて仕舞うことにしている。

拾うたびにちぴこのやさしさを思い、心が軽くなる。
どこかからかわたしに贈ってくれたのかな。・・元気出してね、って。
そんなこと、ないんだけどね。

たとえば、6歳で死んで、死後も家族に手紙をおくり続けている
エレナ・デッセリッチちゃんのように

・・わたしもまだ、小鳥からのやさしい手紙を受け取り続けている。

+記事紹介+ ここから

2年前、脳のガンで6歳の少女を亡くした米国人夫婦がいる。「あまりに短い命」と悲しみに暮れる夫婦だったが、少女の死後、家の中で家族に宛てた彼女のメモを見つけた。それは1通だけでなく数百通にも及び、今なお思わぬところから見つかることもあるという。 

エレナ・デッセリッチちゃんに深刻な病気が発見されたのは、6歳の誕生日を間近に控えた2006年11月末のこと。言葉がうまく話せなくなり、まっすぐに歩けなくなったエレナちゃんを医者に見せたところ、びまん性グリオーマという悪性の脳腫瘍と診断された。米放送局ABCは、この病気を「米国で年間200~300人程度の子どもが発症する最も毒性の強いガン」と説明している。エレナちゃんには残念ながら回復の見込みはなく、余命4か月半と宣告された。

しかし、わずかな可能性に賭け、エレナちゃんに病状を告げずに懸命の対処を試みた両親。それと同時に「残された時間を、エレナと妹のグレイシーにとって特別な瞬間にしよう」(英紙デイリー・メールより)と、夫婦は心に誓ったという。「ガンだけにとらわれず、家族と共にエレナがしたいことをすべてやれるようにしたかった」と話す父キースさん。病気が明らかになってすぐ訪れたクリスマスも盛大にパーティーを開くなど、4人の時間を大切に使い始めた。

医者に宣告された余命日数は超えたものの、病気は確実に進行。診断から約9か月が経った2007年8月、エレナちゃんは短い生涯を閉じた。最後は麻痺から話せなくなったというエレナちゃん。しかし、本と絵が好きだった彼女は、自らの運命を知っていたかのように、家族に内緒である行動を続けていた。残された家族がそれに気付いたのは、エレナちゃんが亡くなって数日後だったそうだ。

両親や妹のグレイシーちゃんは、家の中の至るところから、エレナちゃんが書いたメモを発見。ポストイット、プリンター用紙、切れ端など、さまざまな紙に書かれたそのメモは、両親や妹のほか、祖母やおばさんの飼い犬にまで宛てたメッセージの数々だった。その多くは、似顔絵と共に「パパもママも、グレイシーも大好き」とメッセージが書かれたもの。彼女は自分に時間が残されていないと気付いていたかのように、家のいろいろな場所にメモを隠していた。

今までに数百という多くのメモが、3つの箱が満たされるほど見つかったそうだが、2年経った今でも新たに見つかる時があるという。キースさんは「メモはブリーフケースからも見つかったし、本の間や化粧台の引き出し、クリスマスグッズの箱にもあった」(米ニュースサイトMSNBCより)と話し、まるで“宝物”探しのような状態。しかし、見つければ見つけるほど、隠されたメモが少なくなっていくため、「(新たな発見を)終わりにしたくない」との思いから、家族は1通だけは目を通さず、大事にその“宝物”を保管している。


20091107075002


|

« 掃除機 | トップページ | ヤフオクにでてた »

ペット」カテゴリの記事

健康・病気」カテゴリの記事

コメント

羽根の手紙 年取った所為か涙腺が緩んで困ります。あっという間に月は細くなってしまいました。もう30年以上昔、研究テーマが同じで学会だけではなく手紙で議論やり取りしてた同年輩の英人学者からぱたりと返事が来なくなった。気になったのでロンドン大学の講師してたイタリア出身の友人に尋ねたら星状細胞腫という脳のがんで急逝したと返事があり、その一週間位後に船便で返事が届いた。自分の病気の事は一言もなく、厳しい学問上の反論がびっしり書いてあった。美頬さんのカワラヒワのはねやElena Desserichちゃんの手紙の話よんで思い出しました  有難う!

投稿: キャデット  ケイ | 2010年5月 9日 (日) 11時31分

☆キャデット  ケイ さま ♪

その節はありがとうございました。また今度ごいっしょできたら・・と願っております。

キャデット  ケイ さまのお話も心にジンッってきます・・
うまくいえませんが、「厳しい学問上の反論がびっしり」というところが特に・・
いうまでもなくおはなしのレベルの高さはもちろんですが。

ところで。
いまさらながらびっくりしました。うちの次男の名前がそのまんま「ケイ」っていうんです。
キャデット  ケイ さまのご本名がうちの長男と同じなのはご存知でしょうが、HNまでが今度は次男と同じとは。

ご迷惑なおはなしだったらすみません 今度は三男を・・は冗談です o(_ _)oペコッ☆

投稿: みほお | 2010年5月10日 (月) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽根の手紙:

« 掃除機 | トップページ | ヤフオクにでてた »