« ?呪い? | トップページ | アメデオ »

2010年4月10日 (土)

教材来た

・・で、うれしはずかし女子大生になる私のところに教材が届いたわけですよ。

付け焼刃で1ヶ月ほど英単語と長文読解続けたおかげで、
一番怖かった英語だけど、エキサイト翻訳使えばわかるかなw、少なくとも鬼レベルの難しさではないかな、と・・信じたかったことと(自己暗示

「国文学」
ひゃっほー。折口信夫と池田弥三郎キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
中学生のころ池田弥三郎の本を読みまくったあげく、
大学時代真剣にローン組んで折口信夫全集を買おうかなって思ってた私が通りますよ。

そんでもってページめくれば「源氏物語」が。

ついみっかほど前、読んだばっかりじゃまいか、源氏物語についてアレって作者紫式部ってことになってるけど、そうなんかいな、って折口と角川源義が話をしてて、って話。
調べなきゃ、って思ってたら向こうから資料がとどいた待ってたホイ、ってこんなことってホンマかいなアルカイダ。

 これ
5158hetn8dl__bo2204203200_pisitbsti

国文学者・折口信夫のもとに、一通の手紙が届いた。差出人の貴宮多鶴子によると、貴宮家に代々伝わる『源氏物語』は、従来の五十四帖のものと異なり、十七帖しかないという。これは『源氏物語』の原型といわれる『原・源氏物語』なのか?折口の指示により貴宮家に出向いた若き国文学徒・角川源義は、源氏千年の歴史に、日本国家を揺るがす驚愕の事実が隠されていることを知る!―『源氏物語』多作者説を裏付ける『原・源氏物語』の存在を巡り交錯する謎を、独自の視点と卓越した想像力で解明した、長編歴史ミステリー。

まー、ミステリー的にはですねー。
よくゆー「大人の事情」でエントリーしなかったんすけどねー
ただの通りすがりの金田一耕介が無駄すぎということと、なにがあっても快眠快食の角川源義のお気楽ぶりがトホホってことと、多作説のもとの原・源氏物語って結局なんやねん、そんでもってその源・源氏物語読んだ足利義満がですね、
「この手があったか! 光源氏に、俺はなる!!」 なはははは
で、天下をとっちゃったって・・

20090425124527

・・つまり源氏物語って本来そんな話だったんかい、と。

で、挙句その原・源氏物語と三種の神器(家電ではない)は真珠湾でドガンドガンだしね(ネタバレ)

同じ折口が主人公だった『猿丸幻視行』がすごかったから・・余計にね。
読んでて最後、思わず寝落ちしたもん。
なにが悔しいかって、藤井春洋についてひとっことも触れてなかったことが許せんし、と。

ともあれ。

学生時代、これって基本読んだよね、って文ばかりなのがうれしい。
あのころに読んだ内容なんて忘れちゃったし読解力もナッシングになっちゃったけど、
頑張って読むぞ~~

かたくなに 子を愛(メ)で痴(シ)れて、みどり子の如くするなり。歩兵士官を  釋迢空
ここ

どうでもいいけど、一休さんつながりで見つけた画像。
ポーランド大統領機が墜落したってニュースで、依頼をうけたデューク東郷が射撃で落としたとしか考えられないほど、ありえない話であるらしいけど・・

9ac69c0b


|

« ?呪い? | トップページ | アメデオ »

ニュース」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

受験・学校」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教材来た:

« ?呪い? | トップページ | アメデオ »