« お墓まゐり | トップページ | ?呪い? »

2010年3月31日 (水)

非常ベルとケーキ

そういえば自動車免許をとったばかりの次男の運転する車にのって、夫の実家にいったのがこの土曜から日曜日。
はじめはこわかったけど、桜があちこちで咲いてる風景を愛でつつくつろいでドライブ。
夫いわく、これからは出先でアルコールを呑んでも大丈夫。
それかよw

うららかな気分でマンションに戻ってみたらば、けたたましい非常ベルがお出迎え。
でも誰も避難してないし、いたって静かで平穏な日曜日の遅い朝。ゐんゐん鳴ってるベル、誰も聞こえないの?

用事をすませても一度おでかけしようとしても、やっぱり鳴ってる非常ベル。
・・管理人さんの携帯に電話してお出ましを願い、管理人さんはどうやらそのまま作動しないようにしたっていうはなしもアレだけど。

・・そういえば去年の今頃も、そう、春で4月で真夜中で、非常ベルが鳴って。
そのとき夫はマンションの自治会長さんで、管理人さんの事務所で電源切っても切っても、数時間おきに鳴るわ鳴るわ一晩中。
管理してる会社に電話しなんとかしてもらい、ほっと一息ついたらはや春はあけぼののお時間で。

このベル、春になるとおかしくなるんか? と思った結婚記念日 @何回目やねん

なんやかやしてて長男の誕生日を迎え。
もちろん下宿してるんで会うことできないし、バイトばっかりしてて電話にも出てくれないけど @俺コンビニの店長に信頼されてんだ。時給が十円あがったんだ。

「あー。お誕生日おめでと。
お祝いできんけど、こっちでケーキ食べとくわ。あんたもケーキ、そっちで食べとき」
って留守電いれてケーキを囲む。
遠いけど会えないけどお祝いしてるよって気持ち、届くかな。

ネロのごとわれは見おろす誕生日卓のケーキの上の大火事 荻原裕幸 『青年霊歌』

Thm1114_k25

|

« お墓まゐり | トップページ | ?呪い? »

短歌・俳句」カテゴリの記事

食・レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非常ベルとケーキ:

« お墓まゐり | トップページ | ?呪い? »