« 雨粒 | トップページ | ヒマラヤ »

2010年3月10日 (水)

写真

年度末だから津波そこのけの仕事の山が押しかけ押しかけ。
第一波(大)をやりすごし第二波(小)をやりすごし、第三波(巨大)をやりすごさんと格闘していた先週末、来年度の臨時・非常勤・パートさんの仕事よろしくと直接仕事場に次期職場の上司さんが来るか。

・・仕事の内容も量も正規職とほとんど同じ。
でもパートだし。月給10万はさがるしそれでもってボーナスないし。
なんだかね。

実はパートさんになったをさいわいに大学に行きなおそうかと計画していた。

45歳、お嬢さま学校に入りたい
主婦ですが、東大へ入りたいです

ある掲示板にたてられていたトピのドリーミングさに目が離せなくて、読んだところかなり聡明で自立している感のあるトピ主さん方がこんなに「お嬢様大学」、「東大」に執着する理由って何だろう・・ってそっちのズレ具合を不思議に思っていたら、「お嬢様大学」さんは実は・・とあった投稿に仰天&納得。
ちゃっと衝撃だった感のある真相を語った投稿はすでに削除され、現トピはシメられてしまっている。
それはさておき「お嬢様大学」さん、がんばってるかなあ。
応援してるよ!
「東大」主婦さんも子育て真っ最中のさなか早朝・深夜の勉強をはじめたらしい。
応援してるよ!

で、釣られたわけじゃないけどわたしもある大学の願書を今日出してきたところ。
あっはっは。りっぱに釣られてるじゃん。
もちろん東大でも超お嬢様大学でもないけれどね。
レポートと書類だけでいいんだけどね、レポート必死になって取り組んだし。
雨のなか面接に行く途中に悔しい思いをしながら撮った履歴書用の写真を、今度はうれしい思いで願書に貼った。
夫の助けを借りながらひっしになってかき集めた書類をおさめた封筒に、「合格できますように」って書いて封をした。

・・しんそこ合格したいなあ。
でなけりゃパートさんになった意味がない。

あしたから数日間、マンモス級の最後の大波がくる。
夜明けから深夜までの体力勝負の精神力の限界が問われる重労働。

それはいいけど、ドラマ「不毛地帯」が観れないじゃん、とΣ(・ω・ノ)ノ!

大雨が空を洗ひてのちのこと芭蕉がまたしても旅に出る  永井陽子『モーツァルトの電話帳』
『奥の細道』だったなら芭蕉が弟子の河合曾良を伴い、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を立ったという。旧暦でも3月27日だったら、丁度転勤(扱いらしい)のころだなぁ、と。

|

« 雨粒 | トップページ | ヒマラヤ »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

受験・学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真:

« 雨粒 | トップページ | ヒマラヤ »