« ギャグを言っても独り | トップページ | 別れを言はう »

2010年3月17日 (水)

小袖日記

『小袖日記』 柴田よしき

買ったきっかけ:
このごろ源氏物語の二次創作読みにハマってます。で、よくある安易なタイムトラベルミステリーものかな、って思ってたけど、表紙の装丁にそぐわない?一筋縄でいかない別世界の源氏物語でした。

感想:
なんかすごい書き手だなぁって思いながら読んでて、読み終えてはじめて「月神(ダイアナ)の浅き眠り」の作者と知ったのが最近一番のびつくりというか(ヲイ、納得と言うか。
夢オチなのはもうこういうはなしのお約束なので仕方ないにしても(だからネタバレではない)、まだまだ題材は有ると思うので、源氏物語を底本とした続編をもっともっと書いて欲しいです。しかし「月神」のインテリヤクザの山内はかっこよかった。かぎりなくダークでタフなこんなキャラクター、柴田版源氏物語にもほしい。この作者なら作り出せそうだけど・・。

おすすめポイント:
末摘花:超美人伝説
「若紫=蟲愛づる姫君=灰原哀」←この設定でわたし自身も数年前にさらっと描いたことがある。でもすでに発表されてたのね。悔しい笑


小袖日記

著者:柴田 よしき

小袖日記

そのむかし京に都のありしころ・・・・こころに挿頭(かざ)すゆふがほのはな 永井陽子『モーツァルトの電話帳』

|

« ギャグを言っても独り | トップページ | 別れを言はう »

短歌・俳句」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小袖日記:

« ギャグを言っても独り | トップページ | 別れを言はう »