« 体罰 | トップページ | 気持ちのいい場所 »

2009年5月10日 (日)

『レッド・クリフ』観たよ

「乃(なんじ)の子、平安」小喬のセリフ「レッド・クリフ2」より
乃の子、と書き孕むとよむ・・(画面)

いつから女は地球を歩き出したる風に孕む歩き方せり 高瀬一誌『喝采』

孕む、って言葉、あんまり好きじゃなかった。子作り、ってレベルなくらい嫌。
せめて赤ちゃん授かるっていうか、そういう言い方の方が好きというか。
でも「レッド・クリフ」にあった「乃の子」、というせりふに自分の感覚の狭さを思い知った。

風に孕む・・
不思議な語感だ。神話かなにか、そういうはなし、ありそうな。
高瀬さんの歌のなかでもとりわけ好きな一首だ。

えー、はなしかわって。
パンデミックになるまえに思い残すことなきよう・・ってわけじゃないけど、「レッド・クリフ2」行ってきました~

「1」のラストでなにゆえ突然サッカーを、とお疑いの諸君。なんと「少林サッカー」かハリポタの箒合戦か、ってな神的展開にまずはボー然となりたまえ。そんでもって「デブ助」と「おバカ」の定番的恋。死亡フラグたちまくりのこれでもか展開にこれはないでしょ、と。
そんでもって伝書鳩くん、大活躍でした~。亀も「汗かいて」元気でしたよ~。 「萌萌(馬)」も。
孫権の妹の江戸時代の腰元風「あ・れ~~~」のくるくるくるも必見。
そんでもって黄蓋じいさま、どうでもいいけど北大路欣也そっくりさんになってました(謎
で、投降するふりもなく爆弾突撃にびっくりしました~ 獅童の死を賭しての突撃はそのためだけの日本人キャストかと勘繰り? 北大路欣也そっくりさんと一緒だったからここは赤壁じゃなくってどっかの「203高地」かいなと軽く混乱。
てか、魚油ってあんなに燃えるもんなん? ガソリンよりすご~
でもって孔明が「風よ吹け~」って踊る場面、なかったっす。見たかったのに~~ほんまに三国志なん?
小喬が茶をたてて曹操を釘付けにするは(関西の方言でいうところの「茶でしばく」(お茶する)ってこのことか)、
そんでもってそれしきのことでほんま骨抜きににされて策をあやまる曹操もあんぐりだが、
でもって天上からラピュタのシータみたいに小喬が降ってくるは、
ってことはつまり曹操はムスカ大佐ってことか。周瑜はパズー?

周瑜と孔明はあいかわらずラブラブだし(こいつら見つめあってばかり。愛想つかして小喬は曹操に奔ったのかと。そのほうがいいよって途中で声援おくった私って・・)
逃げる曹操を関羽が逃がす場面はないし(「1」にあった無理やりな伏線、空ブリか)
諸葛キンはどこ? 鵬せんせいも。大喬は?
って謎はありますが、ま画面にむかって立ち上がって抗議するまでもなく「なんちゃって三国志」と思えばとっても楽しかった~、と。
満足度☆☆☆☆☆(星五つ。こんだけ突っ込んどいてこの結果かよ)

カメを買うカメを歩かすカメを殺す早くひとつのこと終わらせよ 高瀬一誌 『喝采』

あ、いや。例の如くカメ、今回もかっわいかったもんでv

|

« 体罰 | トップページ | 気持ちのいい場所 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『レッド・クリフ』観たよ:

« 体罰 | トップページ | 気持ちのいい場所 »