« 停電 | トップページ | ヨメタタキ »

2008年8月16日 (土)

ま昼の星

昼見えぬ星のこころよなつかしく刈りし穂に凭り人もねむりぬ 白秋

「あっても見えない昼の星、見えないけれどあるんだよ。」ってことなんだけどねー。
なんちゃって金子みすずと白秋の夢のコラボ?なこの歌が好き。

で、八月はベリー公の「いとも美しき時祷書」8月の絵。ま昼かがやく星座。

Limbourg_heures08b_2

遊んでるのかな、漁をしてるのかな。いえ、前面の人々ではなくって、後ろの川で泳いでいる灰色なひとびと。まるで河童。

Limbourg_heures08b1

夏はわたしたちの家庭全体が童話の甘美な、のどかな、おほまかな空気につゝまれてしまふのだ。大人も子供もなつかしい童話の世界に立ちもどるのだ。吉田紘二郎「八月の星座」

ヨーロッパは中世の夏に河童がいたかどうかはさておき。

「見えないけれどいるんだよ」ということで〈違


|

« 停電 | トップページ | ヨメタタキ »

文化・芸術」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ま昼の星:

« 停電 | トップページ | ヨメタタキ »