« んんん | トップページ | 小鳥はどこへ »

2008年4月 1日 (火)

金ぼたん

一年間、艱難辛苦臥薪嘗胆な仮面浪人生活をしていた長男。
単位とりつつ部活動でも活躍しつつの受験勉強は大変だったと思う。
で、明日は二度目の入学式。
「僕も行こうかな」と次男@高校三年生
ボタンつけてー
って持ってきた高校の制服は兄ちゃんのおさがりだからってもんでもないけど、袖はすりきれボタンはとれて、の弊衣そのもの。
お願いだから携帯ほしいとか言う前に制服買ってくれ。親が虐待してるかもって通報されるかもしれへんから、と頼み込むものの、これでいい、と次男。
だからボタンがあったらつけてあげられるけど、ないんでしょ。
ってことで、裁縫箱の底をごそごそ。なんかのジャケットのかな、金ボタンはっけん。
「これつけとこか。新学期になったら取ればいいし」
ってことになって、なにがなんでもあんまりな展開に。
「金ボタンやて。生徒会長みたい」 というからホンマか、と。
むかしむかし。子供の頃に見てた学園ドラマでは生徒会長ってのは何故かいつも白い学ランで。
そんなものがあるわけなく、ま、それがドラマなんだけどね。
「金ボタンは寮長のしるし」ってそんなのないし。
「金ボタンは偏差値50の平均的学生のしるし」って、意味ないし。
結局私服で行くんだとさ。最初からそうしてくれればよかったのに。

ブログを休んでいるあいだに次のお仕事がきまった。金曜日の夕方にお電話があって、月曜日にはんこ持って面接にきてねっていわれて、火曜日には辞令が出るらしい。わたしは世間を知らないからよくわからないのだが、世の中ってそんなものなんだろうか。
で、今日は月曜日の面接のあと、書類の手続きをしに前の職場の事務室に行くとすでに話は通っていて、「お仕事決まってよかったね」って皆に言ってもらう。
「本当によかった。今度は退職金も出ますね
ってわざわざ追いかけてまで言ってもらい、もう退職の心配なのかと思いながらも、こんなに気にかけてくれていた方々のためにも、すんなりと次の職が決まってよかった、と心底おもった。

|

« んんん | トップページ | 小鳥はどこへ »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金ぼたん:

« んんん | トップページ | 小鳥はどこへ »