« バナナ | トップページ | 負けないで »

2007年5月26日 (土)

乙女ばしか

・・はしか流行のニュースに驚き、あわてて母子手帳を探し出して予防注射歴をチャック。
うちはなんとかさんにんとも接種済みだったが・・
ワクチンの効力が切れていることもあるとかでそうそう安心もできないらしく。

と思ってたら変な病気はっけん。男性にしか感染せず、羅病した人々はことごとく目が乙女のごときキラキラした瞳になってしまうという「乙女ばしか」なる奇病とその恐怖の物語。もちろんフィクションだけど、なんだかアレなおはなしではありますな。 ここ

と思ってたら女子の読むなるマンガを男子もとて読むなり。男の子のための少女マンガ誌ってのが発刊されたとか。もうなにがなんだか。 

最初から男性読者を対象にしているため、少女マンガの良さを大事にしつつも男性読者が読みやすいようなテイストにしてあるところです。具体的に言うと、ギャグ要素の強化、プチ萌え、“百合”っぽさ等を取り入れています(略)
そして、少女マンガに欠かせない要素として「LOVEです!」ここ
  

・・はしかみたいなもの、という言葉があったものだが、少年むけ少女漫画ってのも・・一時的な、はしかみたいなものなんだろうか。

とじゃいえいったん免疫を持てばこっちのもの。

病(や)みませるうなじに繊(ほそ)きかひな捲(ま)きて熱にかわける御口(みくち)を吸はむ 与謝野晶子

この病人、はしかじゃないと思うけど・・病人襲ってどうするw
つうかこの歌。病んでるかんじがなんとなく、乙女ばしかならぬ腐女子ばしか、BL系のにおいがしませんこと?(殴

かがなべて百億の昼と千億の夜の果てなる王都への旅 みほ

・・むかしむかし。いとけない中学生だったころ。わたしは毎週本屋で「少年チャンピオン」を一冊、立ち読みでまるまる読破してた。
おめあては萩尾望都の『百億の昼と千億の夜』。主人公は興福寺の阿修羅像の阿修羅。顔は仏像だけどなぜかミニスカの女の子、しかも胸元はだけまくり、谷間くっきりの少年漫画系キャラ。この子(戦いの悪神だけあってすげー勝気)と仏教代表のシッタータ王子(つまりお釈迦さまですな。でも美形♪)と理性代表のプラトン(なぜかヨボヨボの爺さま)の三人と組み、キリスト教代表ナザレのイエス(ビミューに「ねずみ男」に似てたっけ)相手に宇宙存亡をかけた深遠かつ壮大な宗教戦争を繰り広げる・・とゆーよーなおはなしだったっけ(違うかも) 
光瀬龍の原作も読んだがマンガの方がわかりやすくっておもしろかった。でもなぜこれだけ役者が揃っててマホメットが出てこんのだぁ、と毎週突っ込みながら読んだのもいい思い出。もし続編がでるならマホメットもでてくるかもしれないけれど、そうなりゃ孔子もねとか言い出しそうだしぃ、結論。まあたぶん無理だろうなと。イスラムへの冒涜とかで出版社、テロにあっても意味ないし。

鹿たちも若草の上に眠るゆゑおやすみ阿修羅おやすみ迦楼羅 永井陽子


|

« バナナ | トップページ | 負けないで »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

コメント

シッタータ太子のエレベーター恐怖症描写が唐突だった記憶があります。
最近は『地球へ…』とかもリメイクされておりますね。

投稿: だいくま | 2007年5月27日 (日) 12時58分

>シッタータ太子

そうでした。太子でした。「わたしに説教してみるか」と阿修羅王に言われてる場面なんかも地味におかしかったです。

ZEN ZEN CITYを「ゼンゼン シティー」と発音して訂正されてる場面もありましたっけ。どうちがうのか今もゼンゼンわかんないんですが、「膳所(ぜぜ)」のことかしらと実は信じてたりしてるんですが。

「地球へ」は「お寺へ」と言い換えるのが当時のブームでした。竹宮恵子は「ファラオの墓」が一番好きです(スネフェルが好きだったりするんです)

投稿: 美頬 | 2007年5月27日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙女ばしか:

» 家庭用ダイエットマシン [家庭用ダイエットマシン]
家庭用ダイエット振動マシン「スリムシェイカー」が遂に発売!今回37800円の特別価格で販売実施中!(定価108000円)特別価格での販売台数には限りがございますのでお早めに!... [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 10時27分

« バナナ | トップページ | 負けないで »