« ジェットコースター | トップページ | 親学/愛の悩み »

2007年5月12日 (土)

バベル

映画「バベル」を観にいったあと、夫と一番はげしく言い合った問題ってのはずばりこれ。
舞台がメキシコに移ってすぐ、ちらっと一瞬だけ写った縞馬。
あれ本物? それとも馬かなんかに黒いスプレーで縞を描いただけのもの?

わたしは断然白馬にスプレー派。夫はきっと縞馬にはあんな品種がいるんだ派。

議論白熱して両者一歩も譲らず。

とはいえわたしには最終兵器みたいな証拠写真があるんだ。

Cfp388305913_s


C372606c_1

記事はここ など


どうでもいいけどこっちが本物の縞馬。


かの国サイドは馬にペンキなんてありえません、と強固に主張しているらしい。
そうだろう。そもそも白馬は馬じゃない( 「白馬は馬に非ず」@公孫竜)んだもん、てか。


縞馬の縞がずれゆく春の暮 渡辺誠一郎

縞馬に跨がり父を知らぬといふ 中烏健二

いえ、「バベル」には縞馬に跨る場面なんてありませんでしたけどね。

|

« ジェットコースター | トップページ | 親学/愛の悩み »

短歌・俳句」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バベル:

« ジェットコースター | トップページ | 親学/愛の悩み »