« 花疲れ | トップページ | ある晴れた日に »

2007年4月30日 (月)

蟷螂殺人事件

なんとか薔薇の咲いているのを剪ってそのあと、手から薔薇の匂いがとれない。
何度洗っても手から匂いがとれないなんて、気分はなんちゃってマクベス夫人ではあるが。

疲れて塚本邦雄『茂吉秀歌百首』([霜][小園][白き山][つきかげ])なんぞを開いてて・・
蟷螂(かまきり)についての塚本の書くえぐいはなしにダメージをうける。ひとりでショックをうけても腹がたつので読めばもろとも、引用する。

地方によっては、この虫を有毒として忌み嫌ふ。伝へるところによると、さる山村の家庭で一家心中事件あり、炉端にある大鍋の雑炊を調べたところ、数匹の蟷螂の屍骸を発見した。妻女が宿怨の姑と夫と先妻の子を謀殺し、みづからも命を絶つた毒は、この昆虫のものである。(講談社学術文庫 p117)

・・・。
ただの都市伝説ならぬ山村伝説とはおもうけれど。

まあわたしだってさる山村に住まわされていた頃には
「いかなる前世の宿業あって、このような思いをせねばならないのか」
と何度も思ったことがあったので、この事件の首謀者というひとの「宿怨」のほどもわからないわけでもないのだが。
憎い奴ばらはともかく、蟷螂鍋をみづからも食らって死ぬくらいならほかにも手立てはなかったのかいと小一時間ほど説得してやりたい気もする。

しかしこの、塚本の紹介する殺人事件。ほんまに蟷螂鍋で人が死ぬのかいと思ってたらそのあとすぐ、

分析の結果はつひに不詳であつたが、症状は青酸中毒に酷似してゐた。

・・。

・・というわけで調べてみた。

カマキリの薬効 ここ

↓おまけ

シアン(青酸)中毒、症状と治療
7/28 メルク・マニュアルより

症状
瀕脈、頭痛、傾眠、低血圧、昏睡、けいれん、死
静脈血が明赤色になる
非常に急速な死(1から15分)

治療
迅速さが不可欠。吸入した場合は源を取り除く
直ちに嘔吐または洗浄、亜硝酸アミルを0.2ml(1アンプル)毎分ごとに30秒間吸入、100%酸素、呼吸補助
10mL 3%亜硝酸ナトリウムを2.5から5mL/分 静注、(小児には、10mg/kg)、その後25から50mL 25%チオ硫酸ナトリウムを2.5から5mL/分で静注。症状が再発したときは、上記を繰り返す。リリー社製シアン化物キット(Lilly cyanide kit)を使う    ここ

・・合掌。

+おまけ 1+

わが父母をあしざまに言ひしこともなき妻と思ひていまともに老ゆ 佐藤佐太郎『開冬』(S50)

+おまけ 2+

与謝野晶子が紹介する姑殺人未遂事件 ここ
その続編 ここ

|

« 花疲れ | トップページ | ある晴れた日に »

嫁の愚痴」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

コメント

蟷螂ってそんなに怖い虫だったんですか。
偶然死ぬ方法(絞首刑)について考えてたので死刑には蟷螂鍋とか…どっちがくるしいのかな、わたしはいやだな。

投稿: ふゆのゆふ | 2007年5月 1日 (火) 10時45分

☆ふゆのゆふさま♪

博覧強記の塚本邦雄の言に間違いはないとは思うのですが、なにげにあやしさ全開の「蟷螂殺人事件」です。きっと事件の背後の嫁姑問題の取り上げ方のせいと思うのですが。というより殺傷能力以前に蟷螂鍋の中身を見せつけられた時点でダメージは青酸カリ並みかと。

>死刑には

蟷螂鍋は心理的に拷問と等しい、と人権団体とかが言い出しそうでアウトかとw


+

もともとこの一説、茂吉の

「蟷螂(かまきり)が蜂を食(く)ひをるいたましさはじめて見たり佐賀(さが)の山べに」

についての文のなかにあったんです。
蟷螂鍋のショックに茂吉を忘れてたんですが、毒をもつはずの蜂を平気で食べる蟷螂、ってところが「いたましさ」に通じるんかなあ、と。塚本はというと歌をすっとばして延々とこの蟷螂鍋のはなしを書いてるわけなんですがw

でもこの歌ってそもそもなに?
「ムシキング」の先行?w


投稿: 美頬 | 2007年5月 1日 (火) 21時49分

この時期孵化して間もないナナフシを草むらに見つけます。

カマキリとは対照的なナナフシ、昆虫界のナマケモノとでもいえそう。全体の体のバランスはカマキリに似ているが、釜はないし、身体はふにゃふにゃ、足は触っただけで取れるし、のったりとたまに歩くだけ。

カマキリでもナナフシでも、生まれたてはかわいい^^

投稿: おっと星 | 2007年5月 4日 (金) 10時49分

☆おっと星さま♪

更新してなくってすみません。五月病ならぬ五月バカになっとりました。なにしろ休暇中ってのは主婦にとっては地獄なもんですから。

>生まれたてはかわいい

ちいさきものはみなうつくし、でしたっけ。枕草子の。芋虫くんだってちっちゃい時はかわいいといったらかわいいんですけどね。とはいえ集団でこられると恐怖です。一匹いっぴきはかわいくっても、カンベンしてほしいですぅぅ~~

投稿: 美頬 | 2007年5月 4日 (金) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟷螂殺人事件:

« 花疲れ | トップページ | ある晴れた日に »