« おはなし、おはなし | トップページ | ホトトギスとかこたつとか »

2005年10月17日 (月)

ヘルニア国ものがたり (駄

頭痛がおわったとおもったら、今度は腰痛。
三男がわたしの布団で眠ってしまっていたため、しかたなく子供用のベッドで寝てしまい、それが悪かったらしいが。

実は最近買い物をした。古い洋服ダンスなど。
丁寧な彫刻が気に入って買ったのだが・・
koubefukua5

koube6chestb5

『ナルニア国』なら小学生のころにひととおり読んだ。古い箪笥のドアーの向こうは不思議な国っておはなしで、でもあんまり印象が残っていない。変に教訓的で、ダサい、なんて感想は正しいものだったんだろうか。いまさら確かめるつもりはないけれど。

でも今でもやはり、いつも使う箪笥の扉をあけるときだって、なんとなく身構えてしまう。
箪笥のなかに引き込まれたり、突き飛ばされたり--そんなはず、ないのにね。

そしてここしばらく続く頭痛に腰痛。
この買い物のせいじゃないの?なんて家族は言うけれど。
まさか。韓国のホラー映画『箪笥』じゃあるまいし(未見だけど^^;
そういえばすごく安かったっけ・・なぜ?(笑

ああ、まだ腰が痛い。
ナルニアじゃなくってヘルニア国って、言ってた人がいたっけ。(overQさん  ここ)
うん。魔女だろうがライオンだろうが、治療してほしいよ、腰痛w

|

« おはなし、おはなし | トップページ | ホトトギスとかこたつとか »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

ナルニア国物語、私も子供の頃に全巻読みました。結構面白かったですね。でないと全部は読めません。その他に子供の頃に熱心に読んだシリーズは、 カッレ君のシリーズ ツバメ号とアマゾン号のシリーズ があります。私は本の影響を大きく受けるタイプです。特に後者のシリーズは、後に私をヨット乗りにしちゃいました。

投稿: いわ | 2005年10月18日 (火) 08時19分

おはようございます。
うわ! なつかしい本の名前がいっぱい!
いわさまも読書好きだったんですねー

『ナルニア国』はねー。全巻読んだんです、いちおう。でもたぶん、読んだ時期がはやすぎたのか遅すぎたのか、悪かったんだとおもう。子供心に印象があまりよくなかったこと、覚えてる。それでも根性で通して読んでしまうのが子供だなあ、というか。

>後に私をヨット乗りにしちゃいました。

おおお。
それでもってヨットの名前は『あさびらき丸』とか。

今読めば印象ちがうのかなあ。映画化されることだし、読み返してみようかなあ。読んでるうちに、子供のころヒネた理由がわかるかも、って(笑

投稿: 美頬 | 2005年10月18日 (火) 08時55分

ヨットオーナーになるような身分でないので、残念ながら「あさびらき」じゃないです。トーゴという艇ですが、70年代末から80年代末にかけて結構活躍したレース艇なんですけどね。まあメジャースポーツじゃないのでみんな知らないでしょう。
欧米方面のセイラーに、79年と83年のアドミラルズカッパーだ、というと結構感心してもらえます。

投稿: いわ | 2005年10月18日 (火) 15時08分

箪笥、すごいですね!
日本のもんじゃないんでしょうか。
彫刻がすごい。どこで誰がどのような思いを込めて彫ったんでしょう。
かなりの名人が、かなりの時間をかけて、特定の注文主のため、作ったものなんでしょうか。
ふたつは、一対のものですよね。
どこかに通じてなくても、この箪笥じたいが、ひとつの世界ですらあるような。
たしかにちょっと怖い気も(;・∀・)

投稿: overQ | 2005年10月18日 (火) 22時00分

☆いわさま~

子供のころヨットハーバーの近くに住んでました。夕暮れのヨットの姿にあこがれましたっけ。海が好きな子供だったはずなのに、今はなぜか山家くらし。
ヨットで鳴らしてたんですか! すごい! ええ、いつかきっと、あさびらき丸だろうがアルゴー号だろーがノーチラスだろーが、手に入れること、できますよ。そのときはお招きくださいね。

☆overQさま~

箪笥、おほめいただきありがとうございます。
いちおう国産、らしいです。大昔のなので鍵とか壊れてたりしてて、めちゃ安い・・(すみません。洋服ダンスの方はわずか5000円だった・・
今となってはその安さが怖い・・^^;

骨董なんてのはその商品だけでなく、由来とか物語とかに引かれて買うってこと、あるもんですが・・
時代的には、TBSでしたっけ、昼ドラの『貞操問答』←菊池寛原作のころかしら、と。
とゆーことで、気分は新子さん^^

投稿: 美頬 | 2005年10月18日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルニア国ものがたり (駄:

« おはなし、おはなし | トップページ | ホトトギスとかこたつとか »