« リカバリ | トップページ | 案山子2 »

2005年9月 8日 (木)

案山子

養老孟司の「バカの壁」は面白くてわかりやすいなどという割にははわかりにくいところがあり、たとえば
「基本的に都市に住んでいるということは、すなわち意識の世界に住んでいる、ということです」p116
なるくだりなんぞ、だったら
-田舎は無意識の世界そのもの、つうか、具現
というお話になるのかと思いきやそうでもなく、話題はドンドンフロイトやら熟睡する学生やらホームレス問題、働かなくても食える問題やらに移っていき。
まあ、結論。わたしくんだりが読んだってわかんないってのは、わかった。

だったらというわけで?田舎でみつけた無意識のおそろしさの小ネタ。

被害甚大たる台風14号が駆け抜けても平気だったわが村の田んぼ。
こがねのみのりはもうすぐです・・
というわけでなにげなく案山子。
2005_08150013

なにげなく拡大
kakudai

別バージョン
2005_081500142

うちの子たちがすずめの子ぐらいちっちゃかったころによくおびえていた案山子くんたち。
・・悪いことしたら、あの案山子がすごいスピードで追いかけてくるよ
なーんていってさんざん脅かしては泣かしてやったもんだが (をい

ありがとう案山子くんたち。君たちのおかげで今年も豊作だよ、きっと。

台風のあとのすばらしい夕空。
2005_08150020

・・そしてすばらしい月。
2005_08150011

2、もあります。どぞ。→ここ

|

« リカバリ | トップページ | 案山子2 »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

まち歩き」カテゴリの記事

コメント

養老氏は、時々自分の思い込みとかも客観的事実のように書くので、信用できません。

『バカの壁』は裸の王様みたいなもので、批判すると馬鹿と思われるんじゃないかと考えてしまいますが、私の感想としては、飲み屋に貼ってある「親爺の小言」とかと大して変わらないように思われました。

投稿: 佐山 | 2005年9月 8日 (木) 08時53分

>『バカの壁』は裸の王様みたいなもので

そうだったんですか。
そういう気はしていたんですが、佐山さまがおっしゃられるんだったら、きっとそうだと思います。

>「親爺の小言」

とゆーより、むしろ酔っ払いの漫談か説教だと思いながら読めばまた楽しかろーかと。
あー、飲み屋、行きたい。2年は多分、行ってない。個人的にではもう、20年は行ってない気がする。

護身術講座のその後、また教えてください。買います。

投稿: 美頬 | 2005年9月 8日 (木) 11時44分

うひゃあ!マネキン案山子、怖すぎる。
「R指定/15禁」の案山子だな、こりゃ。
案山子といえば、昔「スケアクロウ」という
名画がありましたが、こちらの案山子を見たら、
アル・パチーノもびっくりして逃げ出すでしょうね。
わはは。

投稿: 左半治 | 2005年9月 8日 (木) 15時02分

月と金星綺麗に撮れてますね。
大阪も夕方夕焼けがすごく綺麗でした。空の透明度が高くて、良かったのですが、雲は多くて、星観には少し向かない感じ+今日明日東京で仕事で、朝5時起きなので、遅くまで星を観ているわけにはいかなかったです。残念。
今、東京ですが、暑いです。台風が太平洋岸を通過しないと「野分のまたの日」のさわやかな空気は得られませんね。やっぱり、彼岸過ぎないといけませんかね。

投稿: いわ | 2005年9月 8日 (木) 15時26分

各地の台風の被害、心がいたみます。皆様方のところは大丈夫でしたか。


☆左半治さま~

>「R指定/15禁」の案山子だな、こりゃ。

はあ。きれいなおねいちゃんマネキンのおヌード案山子だったら18禁かしらん、と。
すずめ、瞬殺。

>「スケアクロウ」

「オズの魔法使い」の案山子、ってのも、ちょい怖い系かも。


☆いわさま~

風の又三郎の駆け抜けてったようなお空はたしかに澄んできれいですが、やっぱり空気の乱れがあるんでしょうね。星、またたいてました。
トウィンクル、ウィンク、リトルスター。

星の写真はむずかしいです。うちのおバカちゃんな望遠鏡ではちょいと無理です。

投稿: 美頬 | 2005年9月 9日 (金) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 案山子:

« リカバリ | トップページ | 案山子2 »