« 夏つばめ | トップページ | 草の実 »

2005年5月18日 (水)

お城

お庭の水盤でカエル発見。
DSCF0285

駅まで車で夫を送り、そのあと子供たちを送り、ばたばたしているうちにカエルはどこかへ行ってしまった。

お部屋のお掃除に行く。
窓を開けて風をいれ、ワックスをかける。
ワックスがかわく間、持ってきたほうじ茶を飲み、蜂蜜を塗ってたパンを食べる。
ベランダからお城を見る。

DSCF0291

出かける前に、高校生だったころ夢中になって読んだ塩野七生の
「ルネサンスの女たち」を拾い読みしたため、
お城、ときたらどうも「騎士」のイメージになってしまうのがおかしい。

・・愚痴はさらっとにっこりと、とゆーことだろーが。
この本も〈いつものことだが〉お舅さん・お姑さんが整理した、わたしの書棚にあった本だ。そんなことも気づかないお間抜けさんなわたし@ダメ嫁 は、それこそそんなこととは夢にも思わず死に物狂いで探したもんだが、先日、このたびの荷物整理で蔵のなかにあったのをそのほかの本といっしょにめでたくハッケーン、十何年ぶりかの涙の再会をはたし、おわりよければすべてよし。
・・ごめんね。もうはなさないよルクレチア〈誰のことやねん〉。なんて本にむかって言い聞かせたりしたもんだった。いとうれし。

騎士があらわれぬまま床磨き終了。
・・麦畑の続く道を帰る。
麦はまだ青い。あぜ道に矢車草が咲いていたりするのが、とてもきれいだ。

|

« 夏つばめ | トップページ | 草の実 »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

嫁の愚痴」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

総務省発表によると335万人のブログがあるなかで、なぜ「ピコリン」に多くの人々が魅きつけられるのでしょうか。…毎日通っているサイトがある。…これって依存症ではないかとすら思えるような…勝手にひいきにしていたサイトが…毎日生きる楽しみにしていたのに…愛しています。…いまの心境に近いことばを、昨年3月のページにみつけました。さらに磨きをかけてくださいね。全国(いえ、全世界からの)期待にこたえるページづくりを、(勝手ながら)お願いしますね。でも、プレッシャーに感じないでください。

投稿: ぐみ坂のかぜ | 2005年5月18日 (水) 12時07分

☆ぐみ坂のかぜさま~

お城には騎士がつきもので、それでもって、トルヴェールなどの吟遊詩人もつきものというものでしたけれど。
依存症はいけませんよ。

投稿: 美頬 | 2005年5月18日 (水) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お城:

« 夏つばめ | トップページ | 草の実 »