« 桜の木の下には 2 | トップページ | ここではない、どこかへ »

2005年4月14日 (木)

こんな花見

タバコは(たぶん)ここ3年ほどすってなかった。
ところが荷物をまとめていて、引き出しの奥に残っていたひと箱を見つけてしまった。
それでも一ヶ月はさわらなかった。
わたしはもう吸わないんだから。
自分のことぐらいコントロールできなくてどうする、と。

とはいうもののこのごろは、桜が咲いてる水辺に行って、
いい年して体育すわりなんかして。
マッチ擦るつかのま手のひらあたたかく。
水面をサカナがやたらはねてるのを見たり。
そのまま道端の端からずっと街灯のあかりが点いていくありさま、見たり。
むかし父がタバコをすうとき、ぽかりと真ん丸い輪っかを作ってみせてくれてうれしかったことなんか思い出したり。
たったひとりでそんなふうにたそがれてみたりする。

DSCF0242


女が夕暮れ、こんなところでたったひとり、桜を見てたりするってのは不穏そのものの光景だと思うけど(しかもタバコ、持ってるし/笑




桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命(いのち)をかけてわが眺(なが)めたり (岡本かの子 「」)


かの子さんには悪いけど、桜ってたぶん、「いのち一ぱいに咲く」からわたしは苦手なんだ。

もちろん花は、どんな花だっていのちいっぱい咲くモンだよ。
でもね桜ってのは、なんていうのかなぁ・・、ごにょごにょごにょ・・

「丹花(たんくわ)を口に銜みて巷を行けば、畢竟、惧れはあらじ」(「花は勁し」)って小説で
かの子さん、こんなこと、書いてる。
そりゃあ、怖いもんナシだわ。
どんな花がワーって咲いてても、「生命をかけてわが眺めたり」なんてことだって、できる。
ついてけないよー。

(※「丹花(たんくわ)を口に銜みて巷を行けば、畢竟、惧れはあらじ」
 これは女学校友達の女流文学者K――女史が、桂子の講習所を開くとき掛額に書いて呉れた詞句だ。講習所の娘たちの間に、これを読んで、「丹花の呪禁(まじなひ)」だといつて、活け剰りの花を口に銜へ、腰に手を当てゝ、映画に出て来るジヨルヂユ・サンドのやうな気取つた恰好で濶歩するのが一時流行つて、やがて廃れたが――。
岡本かの子「花は勁し」)

+

でもスポーツでもなんでも、がんばる人を見てるとつい感動して応援してみたくなるように。
桜が咲いてるところに寄ってはみんなで花を見て、がんばるエネルギーをもらいたくなるのかもね。
わかる、わかる。これはわかるよ。

・・だからわたしはちょっとはなれて桜を見る。
それぐらいがわたしにはちょうどいいんだ。

DSCF0243

|

« 桜の木の下には 2 | トップページ | ここではない、どこかへ »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

さくら、夕暮れ、村里、小川の流れ、その風景のなかに、主婦の顔が浮かび上がらないのはなぜなのでしょうか。私には、たばこの存在が障害のように思われます。ハイライト2箱時代が過ぎ去ってすでに25年経過していますが、いまだに夢に出てきます。おいしそうにたばこをすう若い女性を、駅のホームなどで見かけると、「母体保護」の心配をしてしまうのは、私が年寄りだからでしょうか。

投稿: ぐみ坂のかぜ | 2005年4月14日 (木) 17時15分

☆ぐみ坂のかぜさま~

ごめんなさい、今日の日記はちょっと不良でしたね。
学生時代、まだ未成年だった頃、むかしの小説、特に軍隊ものなんかを読んでいて「恩賜の煙草」とかでてきて、かっこいいなー、なんて思ったものです。敷島とかどんな味だったんだろう、なんてうっとり夢想したもんでした・・
母性保護、大切なことです。だからわたしは若い頃はそんなのには手をだしませんでした。
人前でそんなのを吸うのも、好きじゃない。正直言って、バカじゃないの、って思う。女の人が口にくわえてさまになるのは「丹花(たんくわ)を口に銜みて巷を行けば、畢竟、惧れはあらじ」じゃないけど、ぜったい、煙草じゃないと思う。それか時代劇かなんかで、おかみさんやおめかけさんがキセルつかってるとことか。

煙草はよくないです。お肌、荒れるし。
じゃあなんで吸ってるの?、ってことなんですが・・
うーん。
ま、答えがでるまでに、じき、やめます。

投稿: 美頬 | 2005年4月14日 (木) 18時16分

seuratさんとこから飛んできました。初めまして。カヨです。

>>桜が咲いてるところに寄ってはみんなで花を見て、がんばるエネルギーをもらいたくなるのかもね。
納得!!って思いました。だから、働くヒト達は群がるのか、と。

櫻は儚くて、綺麗で、皆の目を眩ましてるからこそ、
”櫻の木の下には死体が埋まっている"
って妄想もしちゃうんでしょうか 笑

あ、下の↓エントリでも訳してもらってる?岡山県人なのですが、岡山の県北には小高い丘の上に大きな桜の木が1本だけある、名所があります。
あたしは行ったことありませんが、映像でみる限り、本当に下に埋まってる死体から血でも吸った様な、見事な桜です。

投稿: kayo | 2005年4月15日 (金) 00時06分

カヨさまおはようございます。
そちらの桜はどうですか?

>岡山の県北には小高い丘の上に大きな桜の木が1本だけある、
>名所があります。

ええ~! そうなんですか・・見たいなぁ~
うち、岡山の県境の近くなんですよ!

桜って不思議ですよね。
たった一本の木の花だけのために、全国から必死になって人が見に集まってくるんですもん。
なるほど、魔性ってのがあるって思われても仕方ないかも。
平和が一番なんですけどね。

投稿: 美頬 | 2005年4月15日 (金) 08時43分

こんにちは。自分の情報に不安があったのでちょっと調べてみました。

あたしが記憶していた桜は
岡山県真庭市にある ”醍醐桜”って桜です。後醍醐天皇も賞賛したといういわれがあるとか。県下一の大木だそうです。
そんなに県北では無かったかもです。。リンクはコチラ↓です。
http://www.town.ochiai.okayama.jp/indexie.html" rel="nofollow">http://www.town.ochiai.okayama.jp/indexie.html

ミホさんちは岡山の県境の近くなんですか??あたしは現在、東京モンになってますが、、実家は広島よりの県境近くです。そしてど田舎です。

投稿: kayo | 2005年4月15日 (金) 18時03分

☆kayoさま~

教えていただいたリンク先の桜、拝見させていただきました~
ほんと、見事な桜! びっくりしました。
実は・・この町「落合」、近所です。よく行きます。
八塔寺って名前だったかな~、近くにそんなすてきな集落、ありますよね。でもこんな桜があったなんて、知らなかった!
うう~ん、しかし見事な桜! これはゼヒ見に行かなくっちゃ! いつか、行くぞ!

>実家は広島よりの県境近くです

そうだったんですか!
カヨさんのサイト、拝見させていただきましたよ!
とってもステキでキュートでおしゃれで、驚いちゃった!
またおもしろいおはなし、お聞かせくださいね!

投稿: 美頬 | 2005年4月15日 (金) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな花見:

« 桜の木の下には 2 | トップページ | ここではない、どこかへ »