« ジパングの雪と月 | トップページ | 肝試し? »

2005年2月 4日 (金)

ババヤリイカ

正坐のまま眠りこみし猫にも立春大吉来るがごとしも  高瀬一誌

・・風邪、治らず。
昼過ぎ、薬を飲んで眠り込んでいるときにかぎって、長男の学校のPTA役員の方からお電話があった。
きっとへろへろのご返事をしていたのだろう、不審がられているのがへろへろの頭でもわかった。
夜、こちらからお電話をして、お詫びをする。やはりお電話の趣旨はへろへろの頭で理解していた内容と違っていた。
電話のこちらでひたすら平身低頭。

今日はお母さんのお誕生日だから家族5人でどこかお食事に行こうかということになる。
「・・いつものラーメン屋さんはいやよ」とお母さん、不機嫌。
「んー。じゃあ、どこ?」とやさしくお父さん。
塩屋異人館倶楽部!
ここは人里はなれた真っ暗な山道、峠道。神戸は遠く、そもそも塩屋異人館倶楽部自体、あの建物はなくなったというらしいのに、そんな無茶なことをきっぱり言い放ち、周囲を凍りつかせるおかあさん。
・・山道はつづく。

「無理」となにげなく、お父さん。
「じゃあ、トウールドゥール。ブランディ・ブラン。神仙閣。オリエンタルホテル!」
おかあさん、収拾不可能。風邪のせい。
・・結局節分だし、巻き寿司たべなきゃいけないし、ということで回転寿司にけってー。

おかあさん、「姿やりいか」を「婆やりいか」と誤読。
以降、我が家では「姿やりいか」は「ババヤリイカ」とよぶ事にケッテー (拍手強制

帰り道、ヘッドライトの前に突然飛び出したのをよく見ると、かわいい茶色のうさぎさんだった。
うさぎさん、必死になってはねてる、はねてる。
うさぎさん、のいて、のいて~~~!!
車内全員絶叫。

以前、大量の鹿に見られていたことがあった。
雉に前方を横断され、ハンドルを取られそうになったこともある。
うさぎさん、水先案内人よろしく前方を走りに走ったあげく、つい、と逸れて山に消えてくれる。

白きうさぎ雪の山より出でて来て殺されたれば眼(め)を開き居り 斉藤史

・・あ~よかった。こんなことにならなくって(笑

帰宅後即刻就寝。豆まきもできずじまい。
風邪のせいだろう、ひどくうなされる。
眠る前に村上春樹の「海辺のカフカ」のページをすこしめくったせいだろう、続きを読む夢を見る。
・・文章が村上春樹そのままで活字もページも違和感がない。読み進んでいて、主人公のカフカ少年が登場人物のさくらさんと「はじめての春色の時間。」をすごし、ところがさくらさんったら男だったし、という結末に仰天。
仰天ついでにわっ、とばかり目を覚ます。

|

« ジパングの雪と月 | トップページ | 肝試し? »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

食・レシピ」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

コメント

美頬さん、昨日のエントリあたりから壊れてますね(笑)

私は子どもの頃、天婦羅を「ふうふら」と読んで店員さんを爆笑させた事がありますね。
あと「コレラ」を「ワレラ」と勘違いしていて、幼稚園で「ワレラが流行っている」とみんなに言ってまわって(当時和歌山で大流行していたのですが)これまた先生方を大爆笑させた経験があります。

投稿: seurat | 2005年2月 4日 (金) 09時15分

seuratさま~☆

ええ・・壊れてるかも。やっぱ、「専守防衛」って、わたしには無理なのかも (またもや不穏

>天婦羅を「ふうふら」と

これってナイス。わたしもこう呼ぼうと決心。

>「ワレラが流行っている」

♪我ら月光町ちっちゃいものクラブ~
って歌があります。(NHK「おじゃる丸」)
ええ、流行してもいいかも・・「ワレラ」

そうっすね~
さいきんは「よろんぱち」ってのが我が家で流行しましたね~
サロンパスの変化形です、はい。

投稿: 美頬 | 2005年2月 4日 (金) 11時40分

塩屋異人館倶楽部、トウールドゥール、ブランディ・ブラン、神仙閣、オリエンタルホテル

ブランディ・ブラン以外は行ったことがあります。
もちろん、今の妻とです。

が、トゥールドゥール(あっ、妻と行ってません(^_^;)は、味が普通というか、美味しい!って感じではないというのが私の感想です。
私は、旧星電社の近くの「エスカルゴ」がリーズナブルでお勧めです。
オリエンタルは、旧の方の地下のタベルナを結構贔屓にしていたのですが、ホテルがなくなっちゃいましたからね。
旧オリエンタルで義理人情がらみで、結婚する気がない頃に見合いもしたことがありますね。会ったらえらく美人だったので、動揺しました。それが今の妻 ではありません。


野うさぎですか。
私の知人が、飛び出した動物を無理に避けようとして用水路に落ちて、えらいことになったことがありまして、以降、私はブレーキは踏むけども、無理にハンドルを切って避けなくなりました。(といって、一度も動物を轢いたことはありません)妻はそれを知っているので、そういう事態になったとき、「避けてぇー」って叫びます。もちろん私に言っているのではなく、動物に言っているのです。
超うるさいです。
なお、六甲山で羊が居るからといって、止まったらいけません。低速で押しのけて通りましょう。下手すると小一時間そのままになりますから。奴らは人間なめてます。

投稿: いわ | 2005年2月 4日 (金) 12時10分

いわさま~☆

古いレストランばかりでおはずかしいことです。全部、夫と行ったとこばかり。ほかにもあったけど、んー、忘れちゃった。
ブランディ・ブランにはトム・クルーズの映画のパンフを忘れてきてしまって・・今も忘れられず(悔
トゥールドゥールは眺め千両というか。オリエンタルはむかし(折り入って、レンタル)と呼んでたもんです・・

「エスカルゴ」ですか・・メモメモ。また機会あれば行きたいもんです。


ホテルでお見合いですか・・
うふふ。夫もよく体験談、話してくれます。いろいろあったって。まったく縁は異なもの。みなさん、幸せになっていてくれていたらいいのにな、って思います。

羊さんの群れは・・こわいですね。こんな世知辛い世の中ですもの、自然との共存共栄、はかれたらいいですね。

投稿: 美頬 | 2005年2月 4日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ババヤリイカ:

« ジパングの雪と月 | トップページ | 肝試し? »