« 柳田国男と津波 | トップページ | ゴースト/パトレイバー/GHOST IN THE SHELL »

2005年1月21日 (金)

青い薔薇

(日付変わって)今日1月20日は薔薇の育種家の鈴木省三氏がなくなった日。
2000年平成12年1月20日、享年86歳

 「青いバラができたとして、さて、それが本当に美しいと思いますか (鈴木省三)」(最相葉月「青いバラ」より)


・・子供のころ、聞いたことがある。青い薔薇はすでにできていたのだと。
だが作者は、開花したその花を見て、鉢を割ってしまった。
そのとき、神ならぬ人間がこのようなものをつくってはいけないと言った、と記憶しているが。
真実はどうだったのだろう。
ちなみにその現場にいあわせたとかいう、その子息の証言としては、青というよりも藤色に近かったというが・・

不可能を可能にしてしまった青色としては、青色ダイオードの例もある。
詩集「青猫」は萩原朔太郎。
「ああ このおほきな都會の夜にねむれるものは
ただ一匹の青い猫のかげだ」
それでもって、どんな不可能をも可能にするドラえもんは、青い猫だ!w

+++

年末からつぼみが大きくなっている薔薇が咲きそう。ブルームーンとスィートムーン。どちらも青系。
どちらもにおいがきつく、鉢をおいている廊下に近づくだけでくらくらする。
くらくらきたので、以上。

たそがれの鼻唄よりも薔薇よりも悪事やさしく身に華やぎぬ - 斎藤 史 『魚歌』

|

« 柳田国男と津波 | トップページ | ゴースト/パトレイバー/GHOST IN THE SHELL »

音楽」カテゴリの記事

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

短歌・俳句」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

コメント

青いバラが出来たからって、それで何が変わるのか私にはイマイチわかりませんが、きっと結婚式のテーブルアレンジや、花嫁のブーケのバリエーションが増えるのでしょうね。
このあたり、男はたいてい無頓着です(笑)

うちの妻もそうですが、こだわる人には結構重要なんですよね~。

投稿: seurat | 2005年1月21日 (金) 11時30分

案外まめに薔薇の花束とか奥様に贈っていそーなseuratさま~☆

なんになる?なーんて無頓着ぶっててもしっかり「結婚式のテーブルアレンジ」、「花嫁のブーケ」なーんて戦略を練ってらっしゃるあたり、さすがだと見ました(^^

結婚式のときは花嫁さんはサムシング・ブルーとかいって、青いものを身につければいいってことですね。
忘れてました・・φ(σ_σ)/メモメモ ♪(何のために?

青い薔薇もいいけど・・それより先に、光る薔薇 だの食虫薔薇だの、ヒューマノイド薔薇、猫型薔薇だの、できてしまいそうな昨今ですね (ウソ

投稿: 美頬 | 2005年1月21日 (金) 13時39分

白い薔薇を青インクにつっこんでおくと…

投稿: 佐山 | 2005年1月21日 (金) 23時26分

佐山さま~☆

ええ、そうですね。だからそういう方法でしか、青い薔薇をしのぶよすがはないのでしょうが。。

青系の薔薇はピーカンの青空の下よりむしろ黄昏時とかの方が美しく見えるらしいですね・・
これも謎(笑

青い薔薇は美しいのか・・といえば、そりゃ、綺麗だってのは、そういう模造やらでわかっているんだけど・・
はたして美しいのか、といったという、
鈴木省三氏の言葉も、謎です。

投稿: 美頬 | 2005年1月22日 (土) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青い薔薇:

« 柳田国男と津波 | トップページ | ゴースト/パトレイバー/GHOST IN THE SHELL »