« お正月のお道具など | トップページ | 仕事始め »

2005年1月 5日 (水)

初詣(赤穂・大石神社)

日付はかわってしまいましたが・・(^^;) 1月4日、少々遅くなりましたが、赤穂の大石神社に初詣にいきました。

この神社の名物はというと中国の兵馬俑さながらにずらりと並んだ忠臣蔵でおなじみの面々、赤穂浪士の像です。
DSCF0208
写真は「四十七人目の浪士」でがぜんブレイクした寺坂吉右衛門さばです・・
てんでに打ちものを構え持ったほかの浪士たちとちがい、寺坂吉右衛門が手にしているのは、がん灯です。


足軽という低い身分ゆえ、浪士たちといっしょに死ぬことをゆるされず、生き延びることを宿命付けられたという寺坂吉右衛門・・
つつましく一番端にひかえ、明かりを持つ彼の姿は、そのまま黙して歴史の闇のかなたに消えたというその生涯の謎とともに、心にのこります。

DSCF0209毎年大石神社に来たら、水に溶けやすい紙に悩み事などを書き、水に流してきます。
書くのは一字だけ。

嫁・姑・舅などと書くことができるはずもなく 
どう書けばいいのかわからなかったので、ずるいと思いましたが「悩」とだけ書き、水に流してきました。
次男が一生懸命、母の「悩」を水に流してくれました。

子供たちがおみくじをひきました。
DSCF0210

三男だけが大吉でした。
いつも「らくっこ☆ぴこりん」を読んでくださる方々に、大吉のおすそわけ。
DSCF0212


|

« お正月のお道具など | トップページ | 仕事始め »

写真」カテゴリの記事

嫁の愚痴」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

コメント

うちの近所の萱野という所にに萱野三平の旧宅があり、長屋門が残っており、整備されて公開されてます。赤穂浪士の話では、彼も有名ですね。

投稿: いわ | 2005年1月 5日 (水) 00時37分

>萱野という所にに萱野三平の旧宅があり、長屋門が

こちらですね。http://www.kiis.or.jp/kansaida/minoh/minoh02.html

萱野三平といえば浅野内匠頭の切腹とお家取り潰しの報せを赤穂まで早籠で伝えたので有名なひとですね。
半死半生のありさまでかごから転げ落ちるようにして大石らの面前に急ぐさまなど、忠臣蔵ものではおなじみです。

国道250号(通称浜国道)の高取峠に早駕籠の像があります。
http://www1.winknet.ne.jp/~photo/AKOU.HTM
どうでもいいはなしですがこの峠、姫路の心霊スポット関係のHPさんをみてたら、のってました。
早籠を担ぐ人足などの銅像が正直、深夜見ると怖いかもしれません。
去年の台風でもこの峠、崩れたというニュースを聞きましたが、銅像は大丈夫だったようです。
走って逃げたのかもしれません(^^;

投稿: 美頬 | 2005年1月 5日 (水) 08時15分

おめでとうございます。
2~4まで風邪でえらい大変でした・・・。

おみくじ、私は末吉でしたよ。

でも、大吉は引いた瞬間が頂点であって、「やったぁ~」って思えた事が大吉。後は落ちるだけなんですよね~(笑)

なんて話を妻ともしました。負け惜しみみたいですね。

投稿: seurat | 2005年1月 5日 (水) 12時34分

おお!大吉。
ありがたい、ありがたい。
わたしも凶のおすそわけを・・・。あ、いらない?
いらないよねー(笑

投稿: ロココ | 2005年1月 5日 (水) 13時04分

seuratさま~☆

>大吉は引いた瞬間が頂点
>後は落ちるだけ

うむむむむ。
させるかああ~~っ!って感じです?

そういえば吉の分類は細かいですね。
凶はシンプル。ということでこんなのがあったら嫌だ・・
小凶、中凶 (笑
末凶なんか、やだなあ (笑


凶の日はサヨナラなロココさま~☆

>凶のおすそわけを・・

でもきっとロココさんだったら大吉な歳になるよ!
細木数子が夢枕にたってそういってたよ!?

投稿: 美頬 | 2005年1月 5日 (水) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128675/2576049

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣(赤穂・大石神社):

« お正月のお道具など | トップページ | 仕事始め »