« 河童の住む川 | トップページ | たまにはワイドニュースを »

2004年7月 2日 (金)

江田島の猫

広島の江田島にある旧海軍兵学校の敷地内にはえている松は、杉のようにまっすぐだ、というはなしを聞いたことがあります。
とても信じられませんでしたが、この四月、この目で見てはじめて納得、あれは感動でした。
そのときに撮った写真をアップします。ご参考にどうぞ・・。
_075

なぜ松がこうなるのか、わたしが聞いたのでは、朝夕「気をつけ」の号令を聞いているおかげということでしたが、本当のことはわかりません。

そういうはなしを夫も会社でしたそうですが、だれも信じてくれなかったそうです。
そりゃあ当然でしょう、と言っていたんですが、今日、めでたく証言者があらわれ、ようやく、その場に居た方々全員が納得してくれたんだそうです。
ところがその証言者氏、あろうことか「気をつけの松」以外にもうひとつ、イージス艦級(?)の証言もしてくれたんだそうです。

「気をつけの猫」
猫です。錨ではありません。
ソンナ猫が江田島の海上自衛隊・幹部候補生学校・第1術科学校周辺にいるといううわさです。

どんな猫でしょう。招き猫のように敬礼をする猫なんでしょうか。むかしの提督の愛猫の子孫か、戦艦大和か陸奥の艦内で飼われていた猫の子孫だとでもいうのでしょうか。ものすごい悲話/秘話/武勇伝/もしくは怪談、の主人公でしょうか。
それとも、今、ヒットしている 映画「海猿」の大向こうをはったような、海上自衛隊の最終秘密兵器、もしくは作戦のコードネーム、もしくは国家機密級の暗号、または隠語でしょうか。
なんだか妄想がとまりません。

それはその場にいた人たちも同様で、どんな猫かと必死になって問い詰めたそうです。
そりゃあもう、自白剤でもつかって話すまで拷問してやろうか、こらあ!って勢いで・・(笑)

いえ、ただ、
「号令を聞くと、江田島の猫は、猫すら尻尾をまっすぐ、マストのように立てて気合をいれている」
なんだそうです。
・・すみません、それだけです。べつに猫が閲兵するとか、号令をかけるとか、そんなはなしじゃなくて・・
ましてや「海猿」のライバルとしての「ウミネコ」でもなくて・・(すみません)

だれが名づけたか「気をつけの猫」。
ちなみにその猫のことを証言してくれたのは・・いわゆる「関係者」さんらしい・・)って、をいっ!(笑)

もしもし。このブログを読んでいらっしゃるペンタゴンかFBIの、そこのあなた。
今度多国籍軍のパーティーかなにかで日本の海上自衛隊の関係者さんにでもお会いになっても、ナイショですよ(笑)

・・・ちなみに、(いつものことですが)わけがわからないまま書いていますので、間違いとかあったら、ごめんなさい、です(ぺこり)

|

« 河童の住む川 | トップページ | たまにはワイドニュースを »

旅行記」カテゴリの記事

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントできるかにゃ~?

ぼくは長靴をはいた猫だぞ~
提督閣下よりえらいんだじょ~

書き込み確認テストおわり。

投稿: 美頬(管理人) | 2004年7月 3日 (土) 08時51分

にゃんこがω(三①ω①三)/(≡゜ⅹ゜≡)\うさぎ食っちゃった!

きょうはできた^^

投稿: おっとせい | 2004年7月 3日 (土) 14時25分

>うさぎ食っちゃった!

きょうは暑いにゃあん~
うさぎおいしかの川。
うなぎ食べたいぴょん (‘ω‘;)

投稿: 美頬(管理人) | 2004年7月 3日 (土) 17時59分

あ、そうだ。「兎追いし」と「小鮒釣りし」を出来る場所は、特別でもなんでもなくいくらでもありますよね^^

鮒や鯉は確かに岩魚や山女がいるようなところにはいませんが、ドヨ~~~ンとした平野部の池にしかいないわけではない。兎だって、今ではだいぶ減ったとはいえ里山にもいましたよ。

えーと、もっと具体的に書きますね。僕の子供の頃よく遊んだ小川には、確かに鮒がいました。(鯉も鰻もいた)その小川の辺りの里山には、「兎がいたものだ」という母がよく言っていました。

場所は福井県武生市。里山は町のちょっとはずれといったところ。現在は町の中にあるといった感じ。つまり、絶対山奥ではない。川は日野川のごく小さい支流で巾2mくらい。ちなみに日野川の武生より上流には、にし○う(読み方はご自由に)さんのいる今庄町があります。

広辞苑にはないおはなしでした(^^)ノ◇

投稿: おっとせい | 2004年7月 3日 (土) 20時40分

おっとせいさま~☆

>広辞苑にはないおはなしでした(^^)ノ◇

おおおおお~(意味不明;)

そうなのね。ふるさと、って歌でしたね。「兎追いし」山の近くの川では「小鮒釣りし」ってことはできない、という説を最近聞きましたが・・
そんなこと、ない、と伺い、なんだかすっきりさわやか~、です。

すぺしゃるさんくすでした。
こんどなにかあったら、ここのぶぶん、まるっとするっとぜんぶコピペしてお見通しでいい~、ってする鴨。
またよろしくしくさんじゅうろく。

投稿: 美頬(管理人) | 2004年7月 3日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128675/2575804

この記事へのトラックバック一覧です: 江田島の猫:

« 河童の住む川 | トップページ | たまにはワイドニュースを »